▶ICT事業部

2014年3月22日 土曜日 この記事をTwitterでつぶやく

日頃代理電話サービスをご利用いただきありがとうございます。

『代理電話サービス』の対応ソフトの変更のご連絡です。
Yahoo!メッセンジャーをご利用のお客様には、Yahoo!JAPANから既にご案内が届いていることと思います。

以下、Yahoo!JAPANからの案内です。
=====
Yahoo!メッセンジャーをご利用のお客様へ


いつもYahoo! JAPANをご利用いただきありがとうございます。
過日、ご案内させていただきました通り、2014年3月26日(水)午後3時(予定)
をもちましてYahoo!メッセンジャーのサービスを終了させていただくことにな
りました。
日頃よりご利用いただいている皆様にはご迷惑をおかけすることになり誠に恐
縮ですが、何とぞご理解くださいますようお願い申し上げます。
サービス提供終了後は、Windows版Yahoo!メッセンジャー、Mac版Yahoo!メッセ
ンジャー、ウェブ版Yahoo!メッセンジャー、およびiPhone版Yahoo!メッセンジ
ャーアプリケーションにログインできなくなりますのでご注意ください。

会話履歴の保存方法や代替サービスのご案内など、サービス終了に関するご案
内ページをご用意いたしました。いま一度、ご確認くださいますようよろしく
お願いいたします。
=====
このように、2014年3月26日(水)午後3時(予定)からYahoo!メッセンジャーが利用できなくなります。今までYahoo!メッセンジャーで、代理電話サービスをご利用いただいていたお客様は、別のソフトをご登録いただきますようにお願いいたします。

現在弊社で用意のあるチャット対応ソフトは
・Skype
・LINE
・iMessage
の3点です。

お手数をおかけいたしますが、ご移行いただき引き続き『代理電話サービス』をご利用いただければ幸いです。

注)LINEはその性質上、いっぺんに複数のお客様からのご依頼を受付できません。
LINEは利用するお客様が多く、せっかくご依頼をいただいてもお待たせする場合がございますので、LINEをご希望のお客様は他のSkype、iMessageなどの利用方法も合わせてご登録いただければ幸いです。

終了が迫ってからのご連絡となりまして、誠に申し訳ございません。
ご確認いただければ幸いです。

今後とも、プラスヴォイス代理電話サービスをどうぞよろしくお願いいたします。

2014年3月21日 金曜日 この記事をTwitterでつぶやく

お知らせが遅くなってしまいまして申し訳ございません。

消費税が4月1日から 5% → 8% にかわります。
この関係で、弊社のサービス及び商品の価格も変更いたします。
3月中にお申し込みいただいたサービス・商品に関しては5%で対応させていただきます。

代理電話サービスの一年一括コースも、3月中にお申し込み頂くとお得です。
この機会に是非ご検討下さいませ。

2014年3月20日 木曜日 この記事をTwitterでつぶやく

電話リレーサービス試験実施モニター募集について、日本財団から4月以降の正式な継続がお知らせされています。

4月1日以降は「日本財団電話リレーサービス・モデルプロジェクト」として、電話リレーサービス利用者の募集を行うとのことです。
モデルプロジェクトについての説明はこちらをご覧下さい。
http://trs-nippon.jp/about_service/index.html

日本財団電話リレーサービスWEBサイト画像

なお、お申し込みについては4月1日以降にこちら↓の日本財団電話リレーサービスのページでお申し込みが可能になります。
http://trs-nippon.jp/
お申し込みフォームは4月1日に設置される予定とのことですので、まだしばらくお待ちください。
※現在モニターとしてご利用中の方はあらためてお申し込みの必要はありませんので、そのままご利用ください。

なお、「電話リレーサービス」って何? というのが、まだイメージをつかめていない方もいらっしゃるかと思います。
先日から、松田の方がFacebook(https://www.facebook.com/PLUSVoice.co)にて、ユーザーの声などをお届けしていますが、これからも「こんなふうに使います」「こんなことに使うと便利」といったものを、動画も交えてお伝えしていく予定ですので、お楽しみに。

このモデルプロジェクトは1年の予定で行われますが、モデルプロジェクトを続けることが目的ではありません。このモデルプロジェクトを通して、聞こえない方々、音声電話が利用出来ない方々にとって、電話リレーサービスの有用性、「電話リレーサービスが必要なんだ」ということを多くの人々にアピールし、アメリカやヨーロッパ各国、韓国、タイなどと同様に、国の制度として導入され、サービスが行われるように働きかけていくことが重要です。
ぜひ皆様、ご登録、ご利用いただき、通信インフラとしての電話リレーサービス導入の推進をお願い致します。

※こちらの募集は2014年6月30日をもって終了いたしました。
 今後、電話リレー(代理電話)をお申し込み希望の方は、有料のサービスとなりますが、こちらをご覧下さい。