▶ICT事業部

2013年4月30日 火曜日 この記事をTwitterでつぶやく

久々の追加になってしまいました。

福祉機器ネットストア
に新商品「セントラルアラート」を追加しました。

こちらは、屋内信号装置ですが、本体画面は時刻もはっきり見える大型デジタル表示の時計になっています。
オプションを組み合わせることにより、来客、FAX(電話)着信、目覚まし、赤ちゃんの泣き声、各種警報を強力な振動・明るいフラッシュ・大きなアラーム音でお知らせします。

基本セットは本体と電源(ACアダプタ)に、「来客」をお知らせするドアベル、「目覚まし」に使えるベッドシェーカ、「FAX(電話)着信」を知るために機器とつなげるモジュラーコードが付いたセットになっています。
なお、2つのアラーム時間を設定でき、ベッドシェーカを2つ使用する場合、それぞれのアラーム時刻に別々に振動させたりもできます。(※附属するベッドシェーカは一つです)。
移報接点付の火災警報器などの警報器を直接接続する事も可能です。

なお、このセントラルアラート。安価なので、福祉申請ができない方(等級が満たない方)や独居の方など自費購入の方におすすめです。
そして、今年の夏にさらにオプション品が発売される予定なので、それもチェックしてくださいね。

屋内信号装置 セントラルアラート





2013年4月28日 日曜日 この記事をTwitterでつぶやく

みなさま。
GW中に朗報です!
手書き電話(iPad版)無料ダウンロード期間を「4月末まで」と案内してきましたが、なんと,もう1ヶ月、5月末まで延長することとしました!!

前の書き込みで「延長は1度切りです!」と言っておいて恥ずかしいのですが。。。
実際は今の段階でも充分有料にしてもいいだろうと話がまとまりつつありました。
が、「本当に問題はないのか?」というところを、より多くの人に検証してもらうためにも、もう少し時間をかけた方がいいだろうということ。
もう一つ、ダウンロード数は6000を超えて、かなり浸透してきている感じはあるのですが、ダウンロードに比して使っていない人も多い、ということもわかったので、使ってもらって、それでいろいろ意見をもらわないと、ホントのところがわからないので、もっともっと使ってもらって、本当に役に立つものにしていきたいので「普及させるのが先だ!」ということから、無料ダウンロードを延長することとしました。

この先も結局無料なのでは?と思われるかもしれませんが、『手書き電話』にはそれ相応の開発費と、運用していく中でサーバーの管理費もかかっています。さらに無料の代理電話モニターもやっているので、今かかっている『手書き電話』の経費は大赤字です。
しかし、我々聴覚障がい者向けに新しいコミュニケーションツールを作って、それをみなさんが使っていくことできっと世の中変わるくらいのものだと思っています。
それを知っていただくために多少無理をしてでも、普及に尽力していますが、それも無い袖を振っている状態ですので、そんなに長くは持ちません。
管理費や運営費を援助して頂ける方がいれば大歓迎ですが、そういうこともない現状ですので、この延長で終わりにする予定です。

なお、使い方がよくわからないという声も聞きますが、使い方がわからない方はぜひ「ヘルプ」を見てみてください。
「ヘルプ」は手書き電話をダウンロードした後、ログイン前の画面左下にボタンがありますので、そちらから入ってください。
WEB上でも確認できます。

http://host2.passer.jp/~tegaki/help/entry.html

また、手書き電話を使った代理電話モニターも引き続き募集しています。
代理電話に使うことで、『手書き電話」の良い点、悪い点を知っていただければと思います。
ぜひみなさまのご応募お待ちしています。

http://plusvoice.jp/tegaki_denwa/

今回もちょっとチラシの作成が遅れているのですが、
モニター応募に関しては、WEBサイト上にあるチラシの期限を気にせず
応募していただければ助かります。

とにかく、みなさん『手書き電話』
使ってみてください。
使ってみた上で、いろいろなご意見をお聞かせください。
よろしくお願い致します。

『手書き電話』AppStoreでのダウンロード画面

2013年4月23日 火曜日 この記事をTwitterでつぶやく

『手書き電話』をお使いのみなさまへ

手書き電話AppStoreに最新バージョンをアップしました。
最新のバージョンは1.7.4になります。
すでに手書き電話をお使いの方は、お知らせのポップアップが出てきていると思いますが、ログイン前の画面から「手書き電話について」のボタンをタップし、「最新バージョンを確認する」からAppStoreの画面で「アップロード(またはインストール)」で、バージョンアップをお願いします。
これまでのバージョンでは、さんざんと「アプリが落ちる」という致命的な欠陥があったのですが、その克服を目指して今回のバージョンでかなり安定性が大きく向上しているはずです。
また、安定性の向上という面では、これまで2人で同時に書いてしまうと、一方はなかなか書き込めなかったり、線が直線的になったりなどの不都合もありましたが、それも同時に書いてもかなりなめらかに書けるように改善されています。
これまで手書き電話をお使いの方、今回はマイナーバージョンアップであり、バージョンが1.7.X 同士であれば接続は可能ですが、なにとぞ今回のバージョン1.7.4にバージョンアップをお願いします。
またダウンロードして使ってみたけど、「落ちちゃうから使えないよ」と思われていた方。ぜひ今回のバージョンをお試しの上、改善状況の確認とその上でご意見をいただければと思います。
さらに、今まで手書き電話を使っていない方も、今回のバージョンは我々もかなりお勧めできますので、ぜひダウンロードしてお使いになってみてください。
よろしくお願い致します。

なお、あと残っている不具合としては、会話を終了して10秒以内に再度呼出をかけると片方が「通信中です」のままつながらなくなってしまうというものがあります。
それから、やはり通信ツールなので、電波環境にかなり左右されます。電波の通じにくいところではほぼ使えない状況にもなってしまうことや、移動している状態では厳しいです。そこはご了承の上、電波状況のよいところでご利用下さい。

使ってみてのご意見もお待ちしておりますので、ぜひ感想やご要望をお寄せ下さい。
よろしくお願い致します。

手書き電話version1.7.4の確認画面

2013年4月22日 月曜日 この記事をTwitterでつぶやく

『手書き電話』をご利用の皆様へ。

今まで気づかずにいたというか、説明が漏れていて誠に申し訳ありません、という不備がありました。
(お客様からの指摘で気がつきました。)
『手書き電話』には相手にメールを送れるメール送信機能がありますが、逆に相手からメールを受信するためには、手書き電話に自分の情報を登録する際にメールアドレスも登録しておく必要があります。
ただ、この登録したアドレスでメールを受信する際に、『手書き電話』から送られてくるメールはすべて「send@plusvoice.jp」というアドレスから送られてくることになっています。

これは、一応メールアドレスが漏洩するのを防ぐために、メールセンターからメールが送られる方式になっています。
ですので、メールセンターからのメールが受信できるようになっていないと、メール送信機能を使っても意味がなくなってしまいます。

パソコンのメールアドレスを登録する方は特に問題はないのですが、携帯のアドレスを登録する方は、迷惑メールフィルターがネックになってメールが届かないことがあるので注意が必要です。
各社迷惑メールフィルター設定の中に特定のメールを受信できるようにする機能がありますので、大変お手数ですが、その機能を設定してもらう必要があります。
そちらで、
send@plusvoice.jp
もしくは、ドメイン指定で
@plusvoice.jp
のメールを受信できるように設定する必要があります。

DoCoMoの場合
iモード

http://www.nttdocomo.co.jp/info/spam_mail/measure/domain/setting/imode/index.html

SPモード

http://www.nttdocomo.co.jp/info/spam_mail/measure/domain/setting/spmode/index.html

auの場合
「指定受信リスト設定」での設定

http://www.au.kddi.com/support/mobile/trouble/forestalling/mail/anti-spam/fillter/function-11/

「指定受信リスト設定 (なりすまし・転送メール許可) 」での設定

http://www.au.kddi.com/support/mobile/trouble/forestalling/mail/anti-spam/fillter/function-03/

SoftBankの場合
スマートフォン、iPhoneでの設定

http://www.softbank.jp/mobile/support/antispam/settings/indivisual/whiteblack/#sb-smartphone_iphone

3G携帯

http://www.softbank.jp/mobile/support/antispam/settings/indivisual/whiteblack/#sb-3g

もしご自分ではわからない場合には、携帯ショップなどに行って設定してもらうことをお勧めします。
今までもすでに「メール、届かないから意味ないよ」と思われていた方もいらっしゃるかと思います。
説明が足りず誠に申し訳ありません。
お手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

『手書き電話』メール送信画面