▶ICT事業部

2013年3月30日 土曜日 この記事をTwitterでつぶやく

みなさま。

リリース以来大変好評をいただいている『手書き電話』ですが、
まだ我々の目指すダウンロード数に足りないということと、
料金を頂戴して使って頂くには若干不安定なところが残っている
という状況を鑑み、iPad版の無料ダウンロード期間を延長することとしました。

無料ダウンロード期間は
2013年4月30日まで
、です。
1ヶ月の延長ですね。

こういう形で延長をしていると
「どうせ、○○キャンペーンとか名前を変えて、いつまで無料なんだろ?」
と思われる方がいらっしゃるかと思いますが、
そんなことはありません。

今回は本当に1回だけ延長です。
ですので、次なる延長を期待してはいけません。
まだダウンロードされていない、という方は、
この1ヶ月の間にダウンロードしてお使い下さい。

そして同時に行っています、この『手書き電話』を使った無料代理電話モニター。
こちらも非常に好評を得ていて、登録頂いている方が徐々に増えています。
そして、こちらの方は、代理電話そのものの普及にもつながる思いもあるので、
この『手書き電話』を使った無料代理電話モニター募集に関しては、
なんと! 6月まで延長いたします!!
ぜひみなさん、奮ってご応募ください。

ちょっとチラシの作成が遅れているのですが、
モニター応募に関しては、WEBサイト上にあるチラシの期限を気にせず
応募していただければ助かります。

よろしくお願い致します。

極秘?開発中の『手書き電話』Android版の画面

2013年3月24日 日曜日 この記事をTwitterでつぶやく

『手書き電話』をご利用のみなさまへ。

特に初めてご利用なさる方へ。
手書き電話にはメール送信機能があり、会話をしたい相手にメールが送れるようになっています。
たまにこちらのテスト接続用のIDにメールを送ってくれる方がいらっしゃるのですが、申し訳ないことに、こちらのテスト接続用のIDから、メールを送ってくれた方を呼び出すことができません。
なぜなら、送信されるメールには、送ってくれた方のニックネームしか記載されておらず、簡単なニックネームだと同じ名前の人もいっぱいいるので、ことや、何より、「プロフィールから検索させない」を選んでいる方は、ニックネームでは検索できないので、こちらから探し出してアクセスすることができないのです。
元々、この『手書き電話』は知っている人同士で使うことが前提なので、知らない人からメールが送られてくることには対応ができません。(ただ、知らない人からもアクセスがあることを考えて、相手方にメールアドレスを知られてしまわないように、メールセンターからメールが送られる方式になっています。ですので、メールを送ったものに返信が出来ない形にもなっています。)
ということで、テストアクセスをしたい場合・テスト接続とコンタクトを取って質問等を行いたい場合には、メールは送信機能は利用せずに、直接「手書き電話を開始する」でテスト接続・・・のIDを呼びだしてください。
毎日、朝8時~夜8時まではスタッフが待機しておりますので、その間の時間で呼出をお願い致します。
※ただし、他の方が使っている場合は話し中になります。
また、スタッフの人数の都合上、対応が出来ない場合もありますが、その場合は時間をおいて呼出をし直してください。
あと、通信の関係上、現状では通信環境が良くないところでは非常につながりにくいようなので、歩きながらの使用などは厳しいようですので落ち着いたところでお使いください。

わかりにくくてご不便をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

手書き電話開始&メール送信画面の画像

2013年3月14日 木曜日 この記事をTwitterでつぶやく

購読されている方はすでにお手元に届いているかと思います。
日本聴力障害新聞2013年3月1日号の11面、
「スマホで、iPadで、DSで、コミュニケーションを豊かに便利に」
という記事で『手書き電話』について取り上げていただきました。
モバイルツール(iPad)で、離れた人ともリアルタイムに
コミュニケーションができる『手書き電話』。
ぜひたくさんの方に知っていただいて、より多くの方に使っていただき、
便利なものに仕上げていきたいと思います。
よろしくお願いします。

日本聴力障害新聞2013年3月号紙面

聴覚障害者にとって役に立つ情報・ニュースが載っています、
「日本聴力障害新聞」についてはこちらをご覧下さい。
http://jdn.jfd.or.jp/

2013年3月8日 金曜日 この記事をTwitterでつぶやく

——————————————————————-
アクサ生命保険(株)企画の聴覚障害者向けマネーセミナー開催されます!
(プラスヴォイスは遠隔情報保障で協力します)
——————————————————————-

3月16日(土)板橋区聴覚障害者協会主催の「第26回 板橋耳の日のつどい」が開催されます。
このイベントでは、目玉企画として、映画『珈琲とエンピツ』でおなじみの今村彩子さんの記念講演も行われますが、もう一つ、アクサ生命保険株式会社による「お金の貯め方・増やし方」と題したマネーセミナーが行われます。

耳の不自由な方々は、今まで「お金の運用」と言っても、誰に相談してよいかわからないということも多かったのではないでしょうか。運用以前に、そもそも銀行の利用や保険の活用について、満足のいく説明を得られるところもあまりなかったのではないかと思います。その結果、トラブルに巻き込まれたり、トラブルにならないまでも、銀行や保険・投資の活用などについて、適切な判断を行うことが困難であったり、といったことがあったのではないかと思います。

そのような中で保険会社であるアクサ生命が、耳の不自由な方に対して、お金の運用のプロによる講演会を、板橋区の「板橋耳の日のつどい」で行うことになりました。
アクサ生命はこのマネーセミナーを従来より行っていましたが、耳の不自由な方向けにカスタマイズして行うのは初めての取り組みです。
同社では、聴覚障害者をはじめ約105名の障害者が就労しています。
今回、社内の障害者に対する情報保障に加えて、社外の障害者に情報提供する新たな取り組みのモデルケースとして、このようなマネーセミナーを企画しました。
今回の評判がよければ、第2回、第3回と継続的にこうした講演会を積極的に行っていく予定であるとのことです。

そして、今回のこのマネーセミナーの情報保障の方法として、弊社が行っているインターネット技術を活用した遠隔情報保障(手話通訳/文字通訳)を活用していただくことになりました。
今回は板橋区の「耳の日のつどい」なので、本来は板橋区の登録手話通訳の方が同席するのですが、今後マネーセミナーのような講演会を行っていくにあたって、企業が主催した営利活動とみなされて行政の手話通訳では対応が難しい場合もあります。あるいはお金の運用というとどうしても専門用語も増えてきます。そうした時に、企業同士がタッグを組めばこういうこともできる、ということをお見せできればと思います。
障害者にとって社会参加につながる有意義な活動をもっと普及させたい、という思いで協力をさせていただくこととしました。

初めての試みでもあるので、今からドキドキしていますが、ぜひ大勢の方に参加いただければと思います。(会場は500人入るホールのようなので、たくさん来ていただいて大丈夫なようですよ。)
なお、マネーセミナーの講演の前、午前中には個別相談会も設けられています。
16日(土)、お時間のある方はぜひ奮ってご参加ください。


===============================
【第26回 板橋耳の日のつどい】
日程:平成25年3月16日(土)_PM1:00~PM3:00
場所:高島平区民館
参加費:500円

記念講演
「みんなちがってみんないい」
今村彩子氏(映像作家)

ミニ講演
「お金のため方・増やし方」
企画:アクサ生命保険株式会社
講師:株式会社リスクマネジメントラボラトリー 小掠恭子氏
※朝(10時)から開かれている「たまいた大バザール」の中でも相談コーナーを設けておりますのでお気軽にお越しください(「たまいた大バザール」は参加費無料です)。

主催:板橋区聴覚障害者協会
共催:板橋手話サークル
協力:板橋要約筆記の会
===============================
プラスヴォイスはミニ講演会の情報保障を担当します!

3月16日(土)開催「板橋耳の日のつどい」のチラシ

2013年3月7日 木曜日 この記事をTwitterでつぶやく

本日(3月7日)、15時頃から新しいバージョン、1.7.0のダウンロードが可能になります。
なお、今回も前のバージョンと接続ができなくなってしまいますので、必ずバージョンアップをお願いします。
バージョンアップは、手書き電話へのログイン画面で、真ん中から下に3つボタンがあります。その真ん中「手書き電話について」のボタンをタップすると、手書き電話のバージョンが確認できますので、そちらにある「最新バージョンを確認する」をタップするとAppStoreにつながりますので、AppStoreからダウンロード&インストールをお願い致します。
今回は通知の機能の変更ということで、着信音が選べるようになりました。今までiPad付属の非常に短い通知音だけだったので、聞こえる人すら気づきにくいというご意見がありましたが、こちらを10種類くらいの音から選べるようになっています。
ただ、聞こえない方へのわかりやすい通知方法はまだ検討中です。iPadにはバイブがないのでなかなか良い方法が見つかりません。何か良いアイデアをお持ちの方がいらっしゃいましたらお知らせください。

皆様の友達一覧の中に「接続テスト東京プラスヴォイス」または「接続テスト仙台プラスヴォイス」が必ずあると思います。ダウンロードした後に、「まずは試したい」という方は、接続テストをお試し下さい。
お友達が手書き電話を持っていて、そちらと接続したい場合には、お友達のIDを教えてもらった後に、「友達をさがす」の画面に入って「ユーザID(完全一致)」からお友達を探して、友達申請を行って下さい。お友達に承認されたらお互いにアクセス・会話ができるようになりますよ。

なお、ただいま『手書き電話』を使った無料代理電話モニターを募集中です。
詳しくはこちらのページをご覧下さい。
http://plusvoice.jp/tegaki_denwa/info4.html



2013年3月1日 金曜日 この記事をTwitterでつぶやく

お知らせが遅くなってしまいました。
明日から行われます、社団法人東京都聴覚障害者連盟主催の
「第42回耳の日記念文化祭
  ~みんなとともに~あたらしい社会をつくろう!」
の福祉機器展示のコーナーに出展致します。
福祉機器展示会場は、港区立三田いきいきプラザ※旧名「三田福祉会館」(港区芝4-1-17)集会室A・B・Cになります。
展示の時間は
3月2日(土)12時~17時
3月3日(日)10時~15時

弊社からは、今話題の手書き電話、そしてレギュラーメニューである、代理電話サービス、遠隔通訳サービス、についてご説明させて頂くと共に、これらのサービスを利用するために必要となる通信機器を取り扱っている、(弊社と提携のお話しが進んでいる)通信事業者様の取り組みについてもPRをさせていただきます。

2日間ありますので、耳の日文化祭にご来場の際には、ぜひ弊社ブースへもお立ち寄りください。よろしくお願い致します。


第42回耳の日記念文化祭についての詳細は
社団法人東京都聴覚障害者連盟のWEBサイトをご覧下さい。
http://www.deaf.to/

2013年3月1日 金曜日 この記事をTwitterでつぶやく

「手話が使えたらいいのに・・・」そんな願いをかなえます!

プラスヴォイスは、株式会社スマート・ナビと提携して、テレビ電話による通訳サービス「テレビde手話」を開始致します。
飲食店やショップ、ホテル、観光施設などを耳の不自由な方がご利用する際に、今まで筆談や身振りで円滑に行えなかった質問・会話などを、テレビ電話を使った手話通訳によってサポートすることができるシステムです。
その「テレビde手話」のイメージ映像ができましたので、いち早く皆様にお披露目します。

テレビde手話 動画(ロングVer.)


これからいろいろなところに導入される「テレビde手話」をお楽しみに!
ぜひご利用をお願い致します。
(導入場所などが決まりましたら、またあらためてプラスヴォイスWEBサイト、Facebookなどでお知らせしていきます。)