▶ICT事業部

2011年3月20日 日曜日 この記事をTwitterでつぶやく

2002年より、耳の不自由な方向けの遠隔通訳サービスを提供しております株式会社プラスヴォイス代表三浦宏之です。

地震・津波・原発事故と三大災害が重なり、また被害の範囲も広く被災地では隣県支援が期待できない状況です。

安否が確認された「耳の不自由な方」の中には今でも避難場所での生活がしいられている方が沢山います。

過去においても、阪神淡路大震災、東海村の臨界事故、新潟中越地震と「耳の不自由な方」に対する情報保障が課題となってきました。

現在、被災地では地元のろうあ協会などの関係団体を中心に、必死に安否確認や支援活動、通訳者派遣を行っています。

手話を使う方は全国に約10万人、障がい者手帳を所有する人が約35万人、そして補聴器を使用する人が600万人と言われています。

そのような方々の連絡のツールは、携帯電話のメール機能です。

もはや「耳の不自由な方」にとって、携帯電話は、体の一部です。

今、私たちに出来ることは、避難場所で情報を求める「耳の不自由な方」電話が出来ない「耳の不自由な方」に対する遠方支援です。

避難場所での「耳の不自由な方」の情報が少しずつ分かってきました。

現在、各キャリアの皆様も必死で通信インフラの整備に努められていることと思いますが、ご負担はおかけしません。

是非お力を貸して下さい。端末の供給を頂くだけでもかまいません。

このメールがTwitterを活用頂いている孫社長を始め、各キャリアの関係者の皆様に届きますように願いを込めて、私の自己責任で配信させて頂きます。

まずは、お電話下さい。

090-2989-6351 プラスヴォイス代表 三浦宏之

022-723-1261 株式会社プラスヴォイス 仙台市青葉区国分町1丁目8-14 仙台第二協立ビル8F

このメッセージをご覧いただいた方は、このメッセージが関係者に届きますようにご協力をお願い致します。



以下、自己責任で。

東海村の臨界事故の際に、弊社ユーザー約100名のユーザーにFAXの一斉送信をいたしました。

当時は、携帯電話のメールが使えませんでした。

新潟の中越地震の時は、メーリングリストを活用しました。

NHKのスタジオから、代理電話を利用して、リアルタイムに被災地の聴障者と繋ぎインタビューました。

東海村の臨界事故の際にはFAX一斉送信





(プラスヴォイスが、顧客に対しFAX一斉送信:ニュースジャパン)

新潟の中越地震ではMLを活用



(NHK→電話→プラスヴォイス→テレビ電話→被災地の聴障者)

そして、今回の災害では、チェーンメールのセキュリティなどが原因で、メーリングリストが使えません。



(地元のローカル放送:「災害に備えて」)

Twitterを活用して情報発信しています。

http://school.spophoto.jp/plusvoice/blog/archives/1303

2011年3月19日 土曜日 この記事をTwitterでつぶやく

ワイデックス仙台店

http://www.widexjp.co.jp/sendai/201103/

(仙台市青葉区大町1-4-1 明治安田生命仙台ビル1F)で補聴器電池の販売が再開したという情報がプラスヴォイススタッフ河田から入りました。

プラスヴォイスの近くに店舗があるので、早速お伺いして補聴器の電池を必要とする聴覚障害者へのサポートについて相談させていただきました。現在、在庫はあるようですが一番利用の多い電池は他の電池に比べて、在庫は少ないようです。

営業は日曜祝日を除く 9:30~17:30 の営業になります。


泉店も同様です。
宮城県仙台市泉区泉中央3-34-7セントレアカマⅦ

被災された聴覚障害者の方々の補聴器の電池のご提供について、ワイデックスさんがお休みの時に電池が買えないというお困りの方がいるようですので、弊社プラスヴォイスで急遽、代理販売いたします。

ワイデックスさんがお休みの日曜、月曜はプラスヴォイスに補聴器の電池を保管させていただいております。

株式会社プラスヴォイス
仙台市青葉区国分町1丁目8-14 仙台協立第二ビル8F

補聴器を使用している方に取っては、補聴器の電池は必要不可欠なもの・・・

補聴器の電池でお困りの方は、是非ご活用下さい。

ワイデックス仙台店の皆さん(頑張ろう!の手話です)



その他の企業様も、聴覚障がい者向けの支援を、是非ご検討下さい!

(中村)

2011年3月19日 土曜日 この記事をTwitterでつぶやく

東北関東大地震の伴い、まだ安否が確認されていない人が1万6000人です。

携帯電話が情報の頼りかもしれません。

プラスヴォイスのブログを携帯対応にしました。

2011年3月19日 土曜日 この記事をTwitterでつぶやく

仙台市内でもまだまだ電気・ガス・水の復旧状況が異なります。

ガソリンも無く、まだまだ先が見えない生活をしています。

さらに被害の大きい避難場所や、自宅で避難している人たちは、今日も寒さに震えています。

耳の不自由な方々は、情報を求めているはず!

是非協力下さい。

プラスヴォイスが考える情報提供方法です。ご賛同頂ける方はよろしくお願いします。

2011年3月18日 金曜日 この記事をTwitterでつぶやく

弊社スタッフの島貫千紘の地震体験談です。
現在は、連日出勤して、仙台市内のオフィスで安否確認・支援活動の情報収集業務を行っています。



===================

東日本大地震に被災した皆様へ、まずは心よりお見舞い申し上げます。
皆さんに少しでも多く、情報をお伝えできるように精一杯頑張ります。

今回「東日本大地震」が起きた時は、会社にいました。
大きな揺れが長く続き、経験したことの無いほどの揺れでした。

事務所は、色々なものが倒れ壊れて悲惨な状態でした。
パソコンも倒れ、足の踏み場もなくひとまず自宅に帰宅し家族の安否確認をしようと、徒歩で自宅に帰りました。
自宅には父がいるはずでしたが、誰もいません。不安でしたが、ひとまず近くの避難所に向かいました。
避難所に到着しましたが、入っていいのか分からず、誰にも聞くことができず約1時間ほど外にいました。情報がなく、判断がつかなかったのです。
避難所の中に入らず、外にいる間、何人かに声をかけられたのですが耳が聞こえないということを伝えられず、なにを言っているのかもわかりませんでしたし、伝えることもできませんでした。
ただ、体が凍えてきたので「入っていいのかな・・・?」と不安に思いながら、避難所の扉を開けました。
避難所には、ぽつぽつとスタッフの方や避難された方がいました。

スタッフの方がなにか話しているのは見えたのですが、なにを話しているのか全く分かりません。なにか配っているようにも見えますが、もらっていいのかも分かりませんでした。
また、避難所の入り口で避難している人がなにか書いているのも見えましたが、私も書くべきか判断できず、私はずっと同じ場所に座り、ひたすらケータイ、iPadで情報を得ようとしていました。

ただ、メールも届かず両親の居場所も分からず、必死に連絡をしようとしてバッテリーも無くなってきました。
誰とも話せず、情報も得られず途方に暮れている時に、プラスヴォイスの社内メーリングで社長と連絡が取れました。

地震発生から約6時間後、避難所まで社長が探しにきてくれました。

そこで初めて耳が聞こえないことをスタッフの方に分かってもらい、クラッカーと水をもらうことができました。
もちろん聴者の方々には、すでに配られていて他の皆さんは眠りにつく頃の時間だったと思います。

もし、あのときボードに『非常食配布』という説明や、『名前を記載して』など目で得られる情報があったら、と思います。
聴覚障害は「見えない障害」だと言われます。

見た目は障害がないように見えても、災害時に大切な『情報』を耳で得ることができないのです。
今回の災害で、その不便を痛感しました。

今も避難所で生活している聴覚障害者の皆さんがいるかと思います。

是非、目で情報を得られるように配慮をして欲しいのです。
見た目では分からないけれど、聴覚障害者にも情報を与えられるよう配慮をして欲しいのです。

是非、よろしくお願いします。

2011年3月16日 水曜日 この記事をTwitterでつぶやく

弊社の聴覚障害者スタッフ、河田典子は新潟県の中越地震の経験者です。
今は、安否情報の収集と集約業務で頑張ってくれています。

是非、読んで下さい。

========================

東北・関東大地震に被災した皆様へ、まずは心よりお見舞い申し上げます。

まだ家族や知人の安否が分からず不安な方も多くいらっしゃることと思います。

皆様の不安を少しでも和らげることができるよう、スタッフとして微力ながら精いっぱい力を尽くしていきます。

今回の地震発生時、私は新潟にいたために安全でした。

しかし、6年前の中越地震を経験しており、今回の皆様の大変さは少しは知っているつもりです。

中越地震のときに地元長岡も大きな被害を受けましたが、現在立派に復興できています。

それは沢山の方の支援、協力があったからだと今も強く感じています。

6年前に受けた恩を少しでも返せるよう、今度は私が皆様の力になりたいと思う一心です。

私が経験したことが、今回生かすことができたらと思い投稿させていただきました。

2004年10月23日17時56分 新潟県中越地震発生

地震発生時、長岡市の自宅にいましたが、立ち上がれないほどの大きな揺れがおきました(本震:長岡市は震度6弱)。

すぐに停電し、しかも夕方だったために部屋が真っ暗で状況が全く分からず恐怖を覚えました。

部屋から出ようとしても、物が塞がって出られずしばらく扉をガンガンとこじ開けてやっと出られたような感じです。

家から飛び出すと、家にいた父と祖父がいましたが、

母と妹と祖母は外出しており連絡も取れない状況でした。街全体が真っ暗だったため、車のライトを付けて道路で近所の人と話したりしてしばらくそのまま固まっていました。

大きな余震が続き、情報が全くなく皆とても不安な表情をしていたのは良く覚えています。

大人達は何か話していますが、聴覚障害のある自分にはまったく情報が入ってこず不安なときを過ごしました。

しばらくたって父が「中越が震源だって!」と教えてくれたので、その時事の重大さを知りました。

夜の11時になってようやく家族全員がそろい、近所の公園に車を止めそこで夜を明かしました。

余震もかなりあり、その日だけで震度6レベルの余震が3回起きていたようです。

家はなんとか無事でしたが、余震の恐れがあり家には入らず避難所で過ごしました。

その後4日ほど車中泊を繰り返していましたが、余震が落ち着いたので家に戻ることになりました。

私の住んでいた地域では電気は2日、水道は3日ほど、ガスは1週間ほどで復旧しました。

が、風呂場が損壊し入れない状況だったので家族で温泉に行ったりしてしのぎました。

私の高校では自衛隊がお風呂の支援を行っていたようです。

宮城でも今後お風呂の支援があると思います。

避難所で放送があってもそれに気づけず食料をもらえなかったことなどがあり、情報の大切さを身にしみて感じました。

今回の地震でも同じような状況が起きていることを知って胸が痛みます。

母が勤めている会社がひどい状況だったので手伝いにいくなど、自分なりにできることをやって過ごしていました。

(私の高校は2週間ほど休学していたため)

この時は健聴の家族と一緒に過ごしていたし、まだ高校生だったので、必要な情報は親からもらうことができていました。

一人暮らしだったら情報を得る手段がなくもっと不安だったと思います。

聴覚障害者に撮って災害時に情報が得られないのは最悪の場合命に関わるので、情報の発信は大事です。

また、余震の恐怖は当時はありませんでしたが、1年後くらいからトラウマが起きるようになりました。

疲れがたまると、これから健康に影響が出ると思うので気をつけて欲しいと思います。

中越地震ではエコノミークラス症候群で何人か亡くなっています。

休めるときに休むことが大切です。

今回の地震では、中越地震以上に厳しく長い戦いになると思いますが、まずは体を大切にしてできることから始めていきましょう。

河田 典子

2011年3月16日 水曜日 この記事をTwitterでつぶやく

避難生活の今後に不安を感じながら、弊社の聴覚障害者スタッフは頑張っています。

地震・津波・原子力事故という3大災害が重なり、隣県支援に期待できない状況の中で、全国の聴覚障害者、聴覚障害者に関わる方々の沢山の応援のメッセージを頂いています。

本当にありがとうございます。

ご支援の言葉が、私たちの勇気になり、何よりもの励ましです。

みなさまから寄せられた安否情報は、

新潟中越地震の経験を生かし、河田典子が担当しています。



昨日まで、遠山課長の業務を引き継ぎ、災害情報の更新作業を行っています。

島貫千紘は、中村主任と情報収集を担当し、Twitterへの情報発信を担当しています。



津波被害で安否が心配された康平も無事でした。

携帯電話とインターネットを活用して、情報収集の呼びかけと、情報発信を担当しています。
大災害の中、懸命に頑張っています。
被害は宮城県だけではありません。全国の皆さんの遠方支援をよろしくお願い致します。

プラスヴォイス代表 三浦宏之

2011年3月16日 水曜日 この記事をTwitterでつぶやく

災害安否確認アドレスに、沢山の情報をお寄せ頂きありがとうございます。

地震。津波、放射能汚染と災害が重なり、さらに広範囲での被害で隣県支援が難しい状況です。
被災地、避難場所の不安も大きくなり始めています。

皆様の励ましの声が支えになっています。

弊社スタッフも、被害を受けている状況の中で頑張ってくれています。
ろう者スタッフ3名が出社し、情報収集活動を行ってくれています。

宮城県以外の聴覚障害者の安否情報につきましては、情報混乱が起きないよう各団体と連携が取れ次第、公開していきたいと思っています。

特に、全日本ろうあ連盟への連絡経路は、図を参照下さい。

各地域のろうあ協会関係団体を中心に、それぞれに安否情報の確認をしていると思われます。
しかしながら、現時点でどのように進められているか把握できていません。

弊社としては、出来る限りの協力をしていきたいと思います。

各聴覚障害者関係の情報連絡にしたがった方法での安否報告を行って頂き、同時にsaigai@plusvoice.co.jpに投稿下さい。

こちらから、地域のろうあ協会に連絡したいのですが、逆に混乱させてしまう可能性があります。

添付図を元に、各団体関係者の方にご理解を頂き、弊社と連携をご説明頂くと助かります。

ご協力をお願い致します。

株式会社プラスヴォイス 代表 三浦宏之



2011年3月16日 水曜日 この記事をTwitterでつぶやく



被災地の聴覚障害者の安否情報をお寄せ下さい。

被災地では、電話が繋がりにくく、メールの遅延も発生しています。
被災地の聴覚障害者・関係者の、ご家族、ご友人、知人の安否情報をお持ちの方は、

saigai@plusvoice.co.jp宛に

名前:
所在地:(その方の住む地区)
現在の避難状況:

その他、お困りのことなどを投稿下さい。

この情報は、http://www.plusvoice.co.jp/ で公開します。

また、宮城県の場合は、宮城県ろうあ協会を通じて、全日本ろうあ連盟に報告されます。

宮城県以外の情報をお持ちの方は、それぞれの地区の指示に従って情報提供すると同時に、
saigai@plusvoice.co.jp にも、投稿下さい。

情報混乱を招かないように、他地域の障害者団体との連携が出来次第投稿致します。

この災害情報メールの目的は、今回の被害は地域が広く、隣県支援が難しい状況です。
同時に、聴覚障害者関連の上部団体も掌握が難しいと判断し、プラスヴォイスが、地域の障害者関係団体と協力し、自主的に情報収集業務を行っています。

今後、避難場所の支援活動や、情報保障に役立てたいと思っています。

多くの皆様の協力と、ご理解をお願い致します。

2011年3月16日 水曜日 この記事をTwitterでつぶやく

弊社の就労支援プロジェクト「スポフォト」で、仕事をしてくれているろう者スタッフの河田さん。

地震の時には、新潟の実家に帰省中でした。
会社の状況や、仙台の友人の支援の為にバスで仙台に戻ってきてくれました。

沢山の差し入れを持ってくてくれて、明日から安否確認の為の業務についてもらいます。

河田さんは、新潟の中越地震の経験者です。

経験を生かしてサポートしてくれると思います。

遠山課長と新潟出身の二人。頑張ろう!の手話です。

2011年3月15日 火曜日 この記事をTwitterでつぶやく



昨日(2011/03/14)、仙台市災害対策本部に対して、聴覚障害者の安否確認、なびに避難状況の確認の依頼をしてきました。

残念ながら、災害対策本部に直接お願いすることは出来ませんでしたが、健康福祉局を通じて現時点での聴覚障害者の避難状況の把握をお願いしました。

また、避難場所では十分な情報保障が行われていません。各避難所に対して聴覚障害者の避難状況の把握を、まずは最初にお願い致しました。
本日中には、何らかの情報が得られると思います。

2011年3月15日 火曜日 この記事をTwitterでつぶやく


※当安否確認代行サービスについては、2012年04年06日を持って終了いたしました。
 たくさんの方からのご協力誠にありがとうございました。


宮城県内の生存が確認されている方々の一覧公開は終了致しました。

 

耳の不自由な方々の安否情報に関しましては、皆様のご協力を頂き多くの情報が集まりました。
誠にありがとうございます。
今後は、関係団体様と相談の上、個人のプライバシーを考慮し名前の公開を控えさせて頂く事となりました。

 

今後は、一般に公開されているホームページをご参照頂きますようお願いを申し上げます。

 

しかしながら、インターネット環境がない方からのお問い合わせについて、「プラスヴォイス」「特定非営利法人みやぎ・せんだい中途失難聴者協会」が代行して確認するお手伝いをさせて頂きます。

 

一般公開されているホームページからの閲覧にあわせて、皆様からお寄せ頂いた情報を元に作成したデーターベース(非公開)を参照して確認のお手伝いを致します。

 

まだ、安否が確認されていない方がいらっしゃいます。

 

安否確認の確認が出来た情報をお持ちの方は、引き続き saigai@plusvoice.co.jp に情報をお寄せ下さい。

非公開データベースに反映させて参ります。


 

※ 代行確認は、プラスヴォイスのスタッフが無償で行いますが、人員が不足しています。
ご回答までに、お時間がかかる場合がありますことをご理解下さい。



 




 

【安否を確認したい方】

■フォームから送信する方

 ページ下部のフォームを利用して送信してください。

■メールでお問い合わせの方

******@plusvoice.co.jp宛に、フォームと同じ必要事項を記載の上、送信下さい。

→ 終了に伴い一部伏せ字に変更しました

■FAXの方

 ***-***-****に、フォームと同じ必要事項を記載の上、FAXして下さい。

→ 終了に伴い一部伏せ字に変更しました

 

 

——–送信フォーム——–

聴障者・聴障関係者(家族・通訳者・同僚・その他関係者など)の安否確認を代行いたします。



下記の項目に分かる範囲でご記入、お問い合わせください。

各地の安否情報等と照合し、お返事いたします。


※の付いた欄は入力必須です。



■あなたの情報
お名前※:
メールアドレス※:
※アドレスの入力間違いや、メールの拒否設定をされている場合、こちらからの返答メールが届かない場合がございます。アドレスの入力を再度ご確認頂き、メールの拒否設定をされている方は解除をお願い致します。
■安否確認をしたい方の情報
漢字※:
カナ:
県名※:
住所:(わかる範囲でできるだけ詳しくご記入ください)
区分:
聴障者聴障関係者不明
性別:
不明
年齢:(わからない場合は、だいたいの年齢でも結構です)

→ 終了に伴い送信されません

この記事をTwitterでつぶやく