スポフォト関連

2013年1月1日 火曜日 この記事をTwitterでつぶやく

謹んで新年のご祝詞を申し上げます

毎々格別のお引き立て与り厚く御礼申し上げます。
昨年は弊社で聴覚障害者向けの代理電話事業を始めて丸10年の年。
かねてから思い描いていた東京通訳センターを設立することができ、スタッフも増えました。
聴覚障害者就労支援事業として始めたメディア事業部のスポフォトも高校野球から幅をひろげ、サッカー、バレーなどの撮影にも関わらせていただき、軌道に乗ってきた感があります。
多くの方から弊社の代理電話、遠隔通訳、そしてスポフォトの聴覚障害者就労支援事業に関心を示していただき、声をかけていただいたりなど、いろいろな動きの出てきた年であったように思います。
日本財団様から委託されている「遠隔情報・コミュニケーション事業」でも、4月から東北3県を回り、6月には全国ろう者大会へPRに出かけ、9月からの延長が決定。利用件数も着実に増えるなど、大きな成果を残しつつあります。
この流れを途切れさせず、日本でいまだに整備されていない電話リレーサービスの制度を形とするため、今年もさらに邁進していく所存です。
また、窓口通訳/コールセンターサポート業務でも、より多くの企業や団体の支援をしていくことで、聴覚障害者の社会進出のための力となり、ひいては聴覚障害者就労の支援もさらに拡充できるものと考えております。
当然、そのためにも今行っているスポフォトの事業でも着実に結果を出していくことが大切です。

弊社にとっても、また皆々様にとってもこの一年がより良い年となるよう、スタッフ一丸となって頑張ってまいります。

本年も一年、何卒ご理解、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

株式会社プラスヴォイス
代表取締役社長 三浦宏之
http://www.plusvoice.co.jp/

2013年1月1日東京通訳センターから見た初日の出 2013年1月1日東京通訳センターから見た初日の入り




2011年9月18日 日曜日 この記事をTwitterでつぶやく

鉄道写真家の持田昭俊(聴覚障害者)の写真展が宮城県の小牛田駅の観光案内所で開催されています。
持田氏には、スポフォト立ち上げ当初からいろいろとアドバイスを頂いていた関係。相変わらずの笑顔で癒やして頂きました。
その写真は息を呑むような迫力と臨場感。蒸気機関車の音が聞こえてきそうな感じです。
明後日19日まで開催されています。皆さんも是非!
http://www.miyagi-kankou.or.jp/wom/o-10668
▶持田昭俊オフィシャルサイト
http://www.mochida-photo.net/

2011年7月1日 金曜日 この記事をTwitterでつぶやく

東日本大震災で、甚大な被害を受けた亘理町立荒浜中学校の野球部の選手から手紙を頂きました。


中総体無事に参加できたそうです。

多くの皆様にご協力頂いた野球支援物資の中から、バットとスパイク、グラブを提供させて頂きました。

津波は校舎まで飲み込み、生徒達は屋上に避難し、ヘリコプターで救出されました。
大変な苦難を乗り越えてのユニフォーム姿です。

大変な経験をした選手達、必ずたくましく成長してくれる事でしょう。

今後の活躍に期待し見守っていきたいと思います。
来年からは高校球児!楽しみにしています。



2011年3月16日 水曜日 この記事をTwitterでつぶやく

弊社の就労支援プロジェクト「スポフォト」で、仕事をしてくれているろう者スタッフの河田さん。

地震の時には、新潟の実家に帰省中でした。
会社の状況や、仙台の友人の支援の為にバスで仙台に戻ってきてくれました。

沢山の差し入れを持ってくてくれて、明日から安否確認の為の業務についてもらいます。

河田さんは、新潟の中越地震の経験者です。

経験を生かしてサポートしてくれると思います。

遠山課長と新潟出身の二人。頑張ろう!の手話です。

2011年1月31日 月曜日 この記事をTwitterでつぶやく


今回は、このメディア事業部の中の、メイン事業スポーツフォトライブラリープロジェクト(通称:スポフォト)について

簡単に紹介したいと思います。

【スポーツフォトライブラリープロジェクト(通称:スポフォト)】

子供達のスポーツの大切な記録を生涯にわたって残すお手伝いをいたします。

子供達が大人になった時でもいつでも気軽に閲覧できるように、

また、子供達のスポーツ大会を主催する団体や学校などが開催記録として利用できるように、

インターネット上のフォトライブラリーにしてあります。

スポーツ写真を撮影し、写真を加工し販売しています。

その写真を撮影、加工するスタッフは聴覚障害スタッフもいて、『聴覚障害者の就労支援』として事業部があります。聴覚障害スタッフと聴者スタッフのコミュニケーションをつなぐのが、手話通訳スタッフです。





聴覚に障害がある分、視覚に優れているので、写真の微妙な色補正など行い、よりきれいな画像に仕上げてくれます。

このスポフォトの属するメディア事業部とICT事業部の2つの事業部でプラスヴォイスは成り立っています。

業務の内容だけだと、まるっきり異なる職種に見えますが『聴覚障害』をキーワードでつながっています。

2010年7月10日 土曜日 この記事をTwitterでつぶやく

いよいよ!高校野球選手権大会が開幕しました。

9日福島県大会の開会式が行われました。
開会式では全チームの集合写真撮影が恒例で行われます。
カメラマンの哲平君、制作の松浦君、畠山さんが初参加です。
緊張の開会式と初戦を観戦して刺激を受けたようです。
球児たちに負けないように頑張って欲しいと思っています。

さて、スポフォトのホームページがリニューアルしました。
今まで分かり難かったwebの閲覧ページをカスタマイズしました。
見た目では、あまり変化がないかもしれませんがシステムに手を入れましたので閲覧、購入のプロセスがわかりやすくなったと思います。

関係者の皆さんご意見をお聞かせくださいませ。
球児の最高の一瞬を記録に残すためにカメラマンたちも燃えているようです!
期待してくださいね!
選手も父母会の皆様!頑張ってください!!(中村)

2010年5月17日 月曜日 この記事をTwitterでつぶやく

いよいよ 春季高校野球県大会が福島県と山形県で開催されました!

今日は代表の三浦と伊藤が福島県の撮影に伺いました。

三浦の伺った球場は『ならは球場』
試合結果は・・・
 【第1試合】  葵  1 対 6  日大東北
 【第2試合】  学法福島  2 対 8  聖光学院
 【第3試合】  尚志  3 対 4  双葉

伊藤が伺った球場は『新地球場』
試合結果は・・・
 【第1試合】  湯本  4 対 3  福島明成
 【第2試合】  いわき海星  0 対 5  東日大昌平



1戦1戦 魂を込めて 戦う選手を見ていると
私たちも頑張らなくては! という気持ちになります。

いつも感動をありがとうございます!

今回撮影した写真は1週間~2週間程度でホームページに公開予定です。
是非チェックをして下さいねb

(中村)

2009年1月27日 火曜日 この記事をTwitterでつぶやく

選抜大会出場が決まった利府高校の利府町役場、宮城県庁の挨拶訪問に同行しました。
創立25周年の利府高校、選手だけではなく悲願の甲子園出場です。

幼い頃から夢に描き、夢を語ってきたあこがれの甲子園は出場の喜びは、選手だけのものではありません。
学校創立と同時に硬式野球部がありました。当時のメンバーも親の世代になっています。
学校にはOBからの喜びの声も沢山届いているようです。

そして今日は、菊地校長、小原監督、穀田部長とご一緒させて頂きたくさんの方々の喜びと期待を感じました。
公立高校の出場は久しぶりです。
県も町もしっかりとサポートしてくれているようです。
各部署をお伺いすると、皆さん笑顔で拍手で迎えて下さいます。
激励の言葉に「責任」を感じます。

憧れや、喜びだけではない。期待を背負う経験。期待に応える責任。
選手達は大会終了まで、本当にたくさんのことを学ぶことと感じました。
選手達の活躍と成長を期待しましょう。

そして、多くの方が一緒に感動を体験したいものです。

甲子園は本当にすばらしい教育の場であるとあらためて感じました。

2009年1月23日 金曜日 この記事をTwitterでつぶやく

3月21日から開催される「第81回選抜高校野球大会」の出場校が発表になりました。

東北地区からは、昨年の秋季東北大会で優勝した青森県の光星学院高校。東北大会ベスト4で岩手県大会優勝の花巻東高校、21世紀枠で宮城県大会優勝、東北大会ベスト4の利府高校の出場が決定しました。

出場決定の瞬間を取材してきました。
発表までが本当に長い、選手も父母の皆様も学校関係者もこの日を待ちわびたことでしょう。
そして大会までは長いようであっと言う間です。
しっかり調整して是非東北旋風を巻き起こし白河越えを実現して欲しいと願っています。
北国のハンディがあると言われている選抜大会ですが、ここ数年東北のレベルも確実に上がっています。
夏ベスト4の実績がある光星学院、初出場の花巻東と利府には想像以上の勢いがあります。
3校とも密着取材でスポフォトスタッフも頑張ります!

東北大会優勝の光星学院の出場は、間違いありませんでしたが、やはりこの発表を待たなければなりません。
選手・父母・学校関係者の皆さんもこの瞬間が待ち遠しかったことでしょう。
安堵の表情が印象的でした。
投・攻・守、すべてにおいて全国でもトップクラスであることは間違いありません。
活躍が期待されます。
kosei.jpg
一般枠2校目は、岩手県・花巻東高校。
東北大会準優勝の一関学院が有力とされていましたが、最後まで本当に分からないものです。
東北大会での実績と、県大会の結果等、総合的選考されるようです。
東北大会で準優勝以外のチームが選べれるのは31年ぶりとのこと。
惜しくも選考されなかった一関学院の分まで頑張って欲しいです。
プロ注目の菊池投手を中心にしたチームですが、試合前のシートノックを見た瞬間に「おっ!」っと思わせるすばらしい動きをしていました。
全体が良くまとまったチームです。
hanamakihigashi.jpg
そして、悲願の甲子園出場は、宮城県利府高校。
開校から25年、常に強豪校と言われ多くのチャンスも私立2強の壁に阻まれてきました。
21世紀枠での出場とはいえ、県大会を制し、東北大会ベスト4は、実力で勝ち取ったと言っても過言ではありません。
宮城の高校野球の新たな歴史を作り益々の活躍が期待されます。
甲子園で活躍する姿が待ち遠しいです。
rifu.jpg
中学時代から撮影してきた選手達が沢山います。
たくましく成長した姿を最高の舞台で撮影してきます。

2008年12月7日 日曜日 この記事をTwitterでつぶやく

宮城県中体連野球専門部の最優秀選手のポスターを作成しました。
毎年1年間を通じて活躍した選手に贈られるポスターを作らせていただいています。
今年は東北大会に出場したしらかし台中学校、宮中学校を中心に7名が選出されました。
スポフォトが撮影した画像から5ポーズのポスターを作ります。
毎年デザインが変わり今年は、中村が担当。
先生方からもスタッフからも大好評でした。
宮城県選抜チームのメインカラーである赤をベースにかっこよく作ってくれました。

通訳としても、デザイナーとしても成長してくれました。感謝!

こんな感じです。
s1.jpg m1.jpg t1.jpg s9.jpg s2.jpg t2.jpg m6.jpg 順不同

2008年11月28日 金曜日 この記事をTwitterでつぶやく

4冊目になる甲子園記念誌が完成しました。
2007年春・夏と2008年春・夏の福島県代表の聖光学院野球部の甲子園出場記念誌です。
デザインも内容もグレードアップしています。
スキルアップとノウハウの蓄積。いろいろと勉強させていただいています。
今回の制作も
制作:プラスヴォイス
印刷:三愛舎印刷所
デザイン:イズ・ファクトリー
の3社で作成しました。
今年の聖光学院は、甲子園ベスト8に国体出場とすばらしい成績。
記念誌の内容も充実しています。
春の選抜大会と同様に今年で見納めの銀傘とリニューアルされたバックネット裏を表紙に使いました。
全体の構成も、いろいろな方からアドバイスを頂き納得の仕上がりです。
編集長?と言うかカメラマン松橋が全体の構成を担当してくれました。
本人もその仕上がりに大満足のようです。
081201M-14.jpg 撮影は、
僕と熊田、松橋、康平の4名
国体は康平が担当しました。
カメラマンたちも甲子園撮影の経験を重ねて、逆光や照明などもうまく使えるようになってきたようです。
野球部の選手達から、全員のサインが入ったジャンボボールを頂きました。

選手たちも来年に向けて頑張っているようです。

2008年11月20日 木曜日 この記事をTwitterでつぶやく

14日から明治神宮大会が開幕しました。
今回は、地元仙台六大学リーグの東北福祉大学と、秋季東北地区高校野球大会を勝ち抜いた青森県の光星学院高校の撮影です。
神宮球場での撮影は久しぶりです。日本シリーズでMVPを獲得した西武ライオンズの岸投手が東北学院のエースとして出場した時以来ですから2年ぶりです。
学生野球ファンの僕としては、ここ神宮の雰囲気はたまりません。
今回は、カメラマンとしての撮影だけではなく、早稲田大学や東洋大学など、野球ファンとしての観戦も楽しみにしていました。
早稲田の応援も生で見たのは初めてでした。いいですねぇ。

さて、この明治神宮大会は歴史のある大会です。
前日の14日は、明治神宮で出場全選手による参拝が開会式のセレモニーとなっています。
球場での開会式は行われません。
14日の参拝と、15日の東北福祉大戦は康平が撮影しました。
康平は、大分国体や神宮大会など大きな大会の撮影を経験してきました。
だいぶカメラマンとしても仕事ができるようになってきました。

ぼくは、15日の昼の新幹線で上京し、東北福祉大学と16日の光星学院の試合を撮影しました。
福祉大学戦は第4試合でナイター撮影です。
最近のカメラは、高感度もかなり良くなってきていますのでナイターの写真も以前と比べるとかなりきれいに撮影できるようになりました。
080101M-1333.jpg 080101M-1923.jpg 今回は、NikonのD3とCanonの1Dを持ち込みました。
ナイター撮影は、楽天戦の撮影でだいぶなれてきたのですが、康平の方は初のナイター。
悪戦苦闘しながらでしたが、なかなか良い写真が撮影できていました。
福祉大学は、見事初戦突破です。
080101M-2037.jpg 雨の中の初ナイターを経験した康平でした。

16日は、光星学院と慶応義塾高校戦です。
この明治神宮大会は、1日4試合が行われ、高校野球が2試合、大学野球が2試合行われますので、一度に高校と大学の野球を見ることができます。

第一試合は、雨で中止、2試合以降は予定通り試合が行われました。
光星学院の選手たちは、初めての人工芝です。
選手たちに気負いは感じられなかったものの、人工芝にとまどっていた様子が覗えました。
おまけに雨です。
雨の人工芝は想定外だったようです。

試合の方も、序盤のエラー等で4失点で残念ながら初戦敗退。
しかしながら中盤以降はエースの下沖君が見事なピッチングを見せてくれました。
スピードガンが146キロを表示した時に場内がざわめきました。
なんとも痛快なうれしさがありました。
この冬でさらに成長して、きっと来春は甲子園を沸かせてくれることでしょう。
081116M-2189.jpg 慶応高校の応援も見事でした。
六大学の早慶戦では無いのですが、第4試合の早稲田大学戦を観戦し、早稲田と慶応の有名な応援を見ることができました。

この大会には、各地の高校の野球部が観戦に来ています。
神宮大会や、甲子園を実際に見ることで夢や目標をイメージできる事になるでしょう。
15日は、宮城の東陵高校、16日は一迫商の選手たちが観戦していて声をかけてくれました。
080101M-2009 (1).jpg スタンドにも目を輝かせる球児たちの姿がありました。

東北福祉大学は、この大会おしくも準優勝。残念でした。

2008年10月12日 日曜日 この記事をTwitterでつぶやく

2試合とも、すばらしい試合でした!

聖光学院対光星学院
名前を間違えそうなカードは、期待通りの好ゲームでした。
将来が期待される投手達の見事な投手戦でした。
聖光・横山君と光星・下沖君。そして光星先発の六埜君。
D3M_8328.jpg D3M_7824.jpg
過去4季連続でスポフォトを甲子園に連れて行ってくれている聖光学院。
5季連続に向けての第二関門は強敵でした。
延長戦の末、光星学院の勝利。
下沖君を見たのも中学以来。素晴らしい選手に成長していました。
試合前に話をしたのですが、良い投手と言う前に、チームをまとめる立派なキャプテンになっていました。
是非、甲子園で活躍する姿を見たいものです。

聖光学院の敗戦は僕にとっても凄く残念なこと。勝負の世界は厳しいですね。
高野連様には是非とも東北の選抜基準の見直しをお願いしたい!・・・涙
D2X_0775.jpg 光星学院の勝利!おめでとうございます。

そして、
東陵対花巻東
この試合も、僕にとっては楽しみな試合でした。
東陵の選手達も中学からのなじみの選手達。
見事に成長しての東北大会進出。
対する花巻東は注目のエース菊池君です。
菊池君は評判通りの素晴らしい投手でした。将来が楽しみですね。
D3M_6602.jpg この試合も延長戦。
惜しくも負けた東陵ですが、来年に向けて期待を持たせてくれました。
D3M_7025.jpg 花巻東は、良いチームですよ。
スポフォトカメラマンの評価はNo1かも・・・・。

2008年10月11日 土曜日 この記事をTwitterでつぶやく

東北大会2日目。愛島球場での撮影でした。

宮城代表の利府高校対福島代表の日大東北。
山形代表の酒田南対青森代表の八戸工大一の試合を担当しました。

利府高校には、中学時代に選抜チームに所属したなじみの選手がたくさんいます。
体系的にも技術的にも成長が楽しみでした。
期待通りにみんなたくましく成長していました。
対する日大東北は強豪校です。
利府にとっては第一関門。
打線も好調で、利府の勢いが勝ったようです。

酒田南は、甲子園で活躍した安井君がエース。
好ゲームを見せてくれました。
青森県も、青森山田、光星学院、そして八戸工大一とどこが来年の夏を勝ち抜くか楽しみです。

安井君の成長と、フレッシュな利府に期待です。
D3M_3876.jpg

2008年10月10日 金曜日 この記事をTwitterでつぶやく

高校野球の秋季東北大会が開幕しました。
東北6県で毎年開催地が変わります。
今年は、地元の宮城県での開催でした。

出来ることなら、Kスタでこの大会を見たかったのですがスケジュール的に難しかったようです。愛島球場、名取市民球場、石巻市民球場の3球場で行われました。
初日は、メイン球場の愛島球場で開会式が行われました。
この東北大会の結果が春の選抜大会出場につながります。
過去数年は、決勝進出の2チームが選抜大会に選ばれています。

ですので、選抜出場は夏よりも厳しいのです。
最近の東北のレベルは上がっています。
東北大会に出場してきたチームを見ても、全国大会と言っていいほど。すごく楽しみな試合ばかりです。

強豪の仙台育英を破って宮城第一代表になった利府高校。
甲子園5季連続出場がかかる福島の聖光学院。
岩手県代表の福岡高校は、3年前の中体連で全国制覇した福岡中のメンバーが中心です。
そしてその福岡中のエースだった下沖君は光星学院のキャプテンエースとしてこの大会に出場。
当時の中体連の東北大会を撮影していたので、個人的にも光星学院と福岡の試合なんか是非撮りたいですね。
等々。
IMG_7202.jpg スポフォトのカメラマンは
僕と、熊田カメラマン、岩渕カメラマン、松橋カメラマンが担当。
みんな張り切っています!

僕は、愛島球場で
東陵VS福島商 
仙台育英VS聖光学院
を撮影しました。

福島県と宮城県の対決は、東陵と聖光学院。1勝1敗。
地元仙台育英残念!
081010M_2054.jpg

2008年9月27日 土曜日 この記事をTwitterでつぶやく

福島県の情報誌 シティ情報「ふくしま」に、写真掲載されました。
夏の全国高校野球での聖光学院の活躍を掲載した頁です。

昨年はベスト16で、今年はベスト8と着実に全国制覇の階段を上っている聖光学院野球部。
来年の春の選抜出場が決まれば東北初の5期連続の甲子園と言うことになります。
選抜に出場するためには、東北大会で決勝まで進まなければ成りません。
聖光の勝利の秘密は・・・・
実はですね。僕らが記念誌を担当し始めてから連続出場が続いているのです。(笑)
僕らのおかげなんです・・・なっんて学校の先生方と笑い話をしていました。

そんな聖光学院、今日から九州・大分県で開催される
第63回国民体育大会「チャレンジ!おおいた国体」の高校硬式野球の部に出場します。
夏のベスト8のメンバーが甲子園終了後もこの日のために真剣に練習を続けてきていました。
是非!勝ち進んで欲しいですね。

撮影は、コーヘイ(渡部康平)がスタンバイしています。
頑張ってください。

2008年9月22日 月曜日 この記事をTwitterでつぶやく

久しぶりの高校野球の撮影でした。

福島県営あづま球場で秋季高校野球福島県大会の決勝戦と3位決定戦が行われました。
3位までが10月に開催される東北大会に出場します。

優勝は、聖光学院!
夏のベスト8のメンバーも残り自力を見せて貫禄の優勝でした。
東北では初となる5期連続の甲子園出場へ向けての第一関門突破です。
D3M_1143.jpg 準優勝は日大東北。
序盤はゲームの主導権を握り終盤は粘りを見せましたが残念ながらの敗戦。毎年、このチームは一冬超えて確実に強くなるので来年が楽しみです。もちろん選抜出場のチャンスはまだまだ残っています。

3位は、田島高校を破った福島商業。
福島県の強豪と言われる3校が東北大会出場を決めました。

東北大会は宮城県で開催されます。
一足先に出場が決まった岩手県。第三代表の福岡高校に期待です。
福岡高校の主力メンバーは、中学時代に全国制覇をしたメンバー8人がレギュラー。
中学校の東北大会で僕が撮影したメンバーです。
再会が楽しみ!
その時のエースピッチャーの下沖君は青森県の光星学院エースに。
福岡中OB対決、光星学院と福岡高校の対戦があれば!盛り上がります・・・僕は・・・・。

27日から九州の大分県で開かれる国体に出場する聖光学院。
選手の皆さん頑張ってくださいね!初戦は智弁和歌山!絶対に勝って横浜高校にリベンジしましょう!

聖光学院のカメラマンとしてスポフォトから、コーヘイを派遣します!
カメラと一緒にユニフォームを持たせて練習手伝わせまっす。

2008年5月10日 土曜日 この記事をTwitterでつぶやく

今日は、仙台一高と二高の定期戦がKスタ宮城で行われました。
高校野球の撮影は甲子園以来。久しぶりでした。

なんと表現したらいいのでしょう
仕事なのですが、「すげ~楽しかった」です。
この定期戦の撮影も4年目。両校共に公式戦とは異なる真剣勝負。

選手だけではなく応援団もこの試合は特別なもの。

1試合に、色々なシーンがあるんです。
打っている写真・投げている写真・かっこいい写真、だけではない1枚の写真から伝わる「ドラマ」が実にたくさんあるんです。

今日の撮影のテーマが、今までとは多少違っていたのでしょう。

楽天の撮影で撮り慣れているKスタ宮城ですが、いつもと違うシーン、イメージが新鮮でした。
32M_7579.jpg 定期戦の後に行われたOB戦。ナイターです。

この様な形で行われるOB戦は初めてのようでした。
昨年卒業したOBから70歳前後の方まで、これがまた色々な表情があるんです。
久しぶりにグローブをつけたお父さんの嬉しそうな眼。

バッターボックスで投手をにらみつける表情、何を考えているのでしょう。
照れながらのプレーも全員に「夢中」を感じました。
all.jpg ボクよりもかなり先輩と思われる方々、実は同世代だったり・・・・
いや~本当に楽しい一日でした。

そうそう、聖和学園の佐藤監督。出しちゃいました。136km/h
すげ~~~~。
sato.jpg sato2.jpg

2008年4月13日 日曜日 この記事をTwitterでつぶやく


いよいよ仙台六大学野球の春のリーグ戦が始まりました。

大学野球をご覧になったことはありますか?

仙台六大学野球、訳して仙六(せんろく)です。

大学生の硬式野球は迫力がありますよ。大人になった選手達です、高校野球とは違う楽しみ方があります。

この仙台のリーグ戦は地元の高校野球で活躍した選手達も沢山出場しています。去年くらいから見覚えのある選手達がちらほら・・・。

その選手達が確実に成長している姿を見ることが出来ます。センロクは、福祉大学がダントツに強い印象ですが他の学校もけして負けてはいません。特に仙台大学と東北学院大学。良い選手がたくさんいます。福祉大学も油断は禁物です。

スポフォトは、このセンロクのオフィシャルカメラマンです。この春の大会から、ホームページリンクを張っていただくことになりました。

http://www.sen6.jp/

リーグ戦の運営も大学生達が一生懸命に頑張っています。東京六大学に負けない盛り上がりを。そしてよい選手達を沢山排出するリーグになって欲しいですね。

センロク出身の金本選手の2000本安打。これも本当に嬉しいニュースです。

TKCOP_0117.jpg T0412AN_1231.jpg
12日が開会式でした。僕は、楽天の撮影があって石川課長と康平が撮影を担当。安心して任せられるようになりました。sen6.jpg
皆さんも是非一度足を運んでみてください!

2008年3月27日 木曜日 この記事をTwitterでつぶやく

感動の甲子園撮影を終えて、19時に甲子園を出発。集中した撮影の後の900kmは遠いですねぇ。
石川、熊田と3人で交代しながらの運転も結局、僕が600kmを運転・・・会社に着いたのが朝の5時。
ハードスケジュールです。
ちょっと休んで今日は、Kスタの撮影です。

今年から楽天戦のホームゲームを担当させて頂くことになりました。

昨年まで3年間フルキャストスタジアムの名称だったこの球場も、今年からクリネックススタジアムに変わります。通称「Kスタ」
チームもどんどん強くなってきましたが、スタジアムもどんどんバージョンアップしています。
外野スタンドにもリボンビジョンが設置されてネット裏席からも見られるようになりました。
そして外野のボックスシート。これはなかなか良いですよ。
5人座りで1万円。家族連れも広いスペースがあるのでベビーカーでも大丈夫そうです。
アトラクションも昨年以上に楽しめそうです。
何しろ楽天球団のスタッフ。みなさん良い感じです。
いきいきと元気に仕事をしていました。

良い会社、強いチーム。
楽天球団、聖光学院、ぼくも会社作りに参考にしなければならない事が沢山あります。

Kスタはまさにボールパークです。
全国にも自慢が出来る球場になりました。

是非皆さんも足を運んでください!
プロ野球の撮影で僕らもスキルアップを目指します。
miura-k.jpg 080327MN-1380.jpg
29日ホーム開幕は、まーくんです。3連勝間違いなし!

2008年3月26日 水曜日 この記事をTwitterでつぶやく

この写真は、ゲーム前の挨拶です。
相手チームが守備に向かって走り出しています。
写しておきたかったシーンです。

最高のゲームでした。
悔しさよりも、素晴らしいゲームを見せてくれた選手達に感動しました。
聖光学院には、仲田君、佐藤君、横山君の3人のエースがいます。
だれがエースナンバーをつけてもおかしくない好投手です。
相手の沖縄尚学のエースの東浜君もプロ注目の選手。投手戦は予想していました。

結果は、0-1で本当に悔しい聖光学院の敗戦でした。
その1点もボークの得点です。「普段と同じ事をしたんだけど」という仲田君でした。
でも、成長を感じたのがその後、2度目のボーク。でも崩れませんでした。
しっかりと平常心を取り戻し、本人も100%に近いピッチングという通りの見事な投球を見せてくれて9回を一人で投げきりました。
佐藤君、横山君の甲子園でのピッチングも見たかったのですが、仲田君のまさに熱投に魅了されました。
nakata.jpg 試合結果を見ると「あと1本が出なかった」とか、「チャンスで打てなかった」と言うようなコメントがつきそうですが、凄い粘りと執念を感じさせてくれる攻撃でした。
先頭打者が出塁して、牽制でアウト。その後にすぐにまたチャンスを作るんです。

次の場面では先頭打者が出塁、守備妨害でダブルプレーになる。その後にまたチャンスを作る。
DSC_5033.jpg 2アウト満塁のチャンスに、思いっきりバットを振れるのが聖光の魅力ですね。
満塁で迎えた場面での菅野君の左中間への大飛球。風がなければ昨年の夏の満塁ホームランの再現が見れたのかも・・・・。タラレバはありませんね。

守備も竹沢君のベンチへのダイビング。黒羽君のピンチの場面でのダイビングキャッチ。

投攻手、全てにおいて最高のゲームでした。
絶対に勝つという執念を感じさせてくれました。

選手達もきっと満足のはず。
しかし選手達は号泣でした。甲子園の土も持ち帰る姿もありませんでした。
kuroda.jpg
ミスもありました。しかしミスをカバーする心の強さがありました。
選手達に感謝です。

5人のカメラマンも、選手達と一緒に一写入魂頑張りました。
東京の一ノ谷さんも、すっかり東北の粘りの野球を気に入ってくれたようです。

2p.jpg
3季連続の甲子園出場の聖光学院。確実に進化していますね。

2008年3月22日 土曜日 この記事をTwitterでつぶやく

こんなにも気候が違うものなんですね。
ぽかぽかの甲子園でした。
19日からの4日間の出張撮影も伊丹空港からの最終便で無事に仙台到着。
寒いですぅ・・・。
甲子園撮影が終わった後に時間があったので大阪の洒落た床屋さんで髪を切ってもらったのでなおさら・・・?
北と南の気候の違いを痛感しました。

さて、いよいよ高校野球春の選抜大会が始まりました。
今年のセンバツは、80回の記念大会です。東北からは3校が出場することになっていたので本当に楽しみにしていました。
この3校にはスポフォトが中学時代から撮影していた選手達が沢山出場します。
成長のプロセスを撮すことが出来ることはすごく嬉しいです。

開会式は超満席でした。セレモニーも随所に今までにない思考が盛り込まれており驚きの歓声が上がりました。
球場も3年計画の改装工事の1期目が完了。バックネット裏から1・3塁側までの観客席とグラウンドの一部です。
ファールグラウンドが若干狭くなった分客席が選手に近づいた感じがします。
甲子園の雰囲気を残しつつきれいにリニューアルです。
やはり甲子園は独特の雰囲気ですね。この場に居られると言うことに幸せを感じます。

東北から出場する3校は、昨年の東北大会優勝の東北高校と、3季連続出場の聖光学院、希望枠の一関学院。昨年秋の様子を見たところ例年になく今年はこの3チームに期待が持たれます。

大会初日の今日は東北高校が第二試合で出場しましたが、残念ながら負けてしまいました。
この負けはきっと夏につながるはずです。

聖光学院は沖縄尚学、一関学院は東洋大姫路と共に優勝候補との対戦。
是非初戦を突破して、優勝旗の白河越えを実現して欲しいですね。

春の大会は、やはり気候差による選手達の仕上がり具合に違うのでしょうか・・・。
でも選手の能力はけして差があるとは思えません。東北ならではの粘りで頑張って欲しいですね。

今回も聖光学院の撮影を担当します。
3期連続です。過去二回の甲子園撮影以上のものが求められます。
と言うことで、今回は東京を中心に全国で活躍するスポーツカメラマンの一ノ谷さんをパートナーにしました。
前夜の東京からの移動の新幹線も、撮影の話であっという間に新神戸到着。
二人ともモチベーションを上げています。
miura-0.jpg 僕は今回は、Nikonの最新機種であるD3を持ち込みました。
凄い!カメラなんです。

一ノ谷氏は、Canonの400mm超望遠です。でかいでしょ?
ichinotani.jpg

最終便での仙台到着。遅い帰社もスタッフ達は待っていてくれました。うれしいですね。
一息ついて、いよいよ本番が始まります。

2008年3月19日 水曜日 この記事をTwitterでつぶやく

朝8時の飛行機で康平と甲子園に飛びましたぁ。
仙台~大阪~東京~仙台と康平は、休み暇もなく動き回りました。

休む暇もなく・・・・?
ほとんど移動で寝てました。苦笑
康平は寝癖も気にせず初めて使うCanon1Dmark2Nの説明書でお勉強です。
kouhe.jpg
僕の方は・・・しっかり休ませてもらいました。
miura.jpg
11時に甲子園到着もあいにくの雨です。残念ながら今日の甲子園練習は屋内練習場を使っての調整となってしまいました。
seiko-6.jpg それでも選手達は元気です。
練習の後半には部長、監督の配慮もあってベンチ入りできなかった選手達も練習に参加。
凄い盛り上がりです。ここが聖光学院の強さの秘密かもしれません。
僕の大好きな「全員野球」です。
seiko-7.jpg
練習終了後は、全選手が1塁側のダックアウトで感激の甲子園の土を踏みしめていました。
実は僕も初めての甲子園の土でした。
ダックアウトから見た甲子園の雰囲気。鳥肌が立つ感覚でしたよ。
tuchi.jpg (ダックアウト前の人工芝ですが・・・苦笑、土もちょっとだけ踏んできました。笑)

大阪入りしてからの選手達の調子も良いようです。
東北高校もPLとの練習試合に勝って順調のようです。
東北勢の活躍が楽しみですね。

練習終了後はすぐに新幹線で東京に、僕は明日はここで撮影です。
康平は、仙台に戻りちょっと仕事をしてから帰るとか。。。
1日で凄い移動を経験したねぇ。
本番に備えて準備を整えよう!お疲れさん!>康平

今年の東北勢本当に期待できます!楽しみです。

2008年3月16日 日曜日 この記事をTwitterでつぶやく

6回目となる楽天イーグルス杯 東北中学校選抜野球大会が、宮城県仙台市泉区にあるシェルコムせんだい(屋内球技場)と仙台商業高校の硬式・軟式グラウンドの3球場で15日・16日の2日間開催されました。
この大会は、中体連野球専門部の先生方が中心となり東北の各県の選抜チームが東北チャンピョンを争う大会です。3年前から楽天球団の協賛で年々盛り上がってきています。
この選抜大会が始まって東北の野球のレベルは急上昇です。
現在、高校野球で活躍する選手達もこの選抜チームのメンバーがたくさんいます。

昨夜は、懇親会が開かれ来賓として参加させて頂きました。
昨年までは、プラスヴォイスの写ネットプロジェクトとして参加させていただいていたことから、東北の先生方や、選手、ご父兄にプラスヴォイスのスポフォト事業部への社名変更の説明などもさせていただくことが出来ました。
懇親会の席で、実行委員長の菅原先生の言葉に、「教育の場」とお話がありました。
この大会を通じて選手達を見ていると、技術的な部分だけではない精神的な成長を感じます。野球という競技を通じてまさに教育が行われていることを実感しました。

礼儀正しくプレーに臨む選手達が各チームに戻り、チームメイトに良い影響を与えてくれることでしょう。
miyagi2.jpg
試合の方は、秋田県選抜チームが初優勝、岩手県選抜チームが準優勝、3位が宮城県選抜チーム。
関東から強豪の市原、袖ヶ浦の2チームを招いての大会でしたが見事東北チームが3位までのしめる結果となりました。

僕もこの大会は2年ぶりの撮影でしたが、選手や先生方、ご父兄の方々とも沢山お話をさせて頂きスポフォトとしての役割を感じることが出来ました。
ishiken.jpg mi.jpg 撮影は、僕と石川課長が担当して、伊藤課長、中村、小貫が各会場でご挨拶をさせて頂きました。
石川課長は、初日終了後、すぐに皆さんに写真をお見せしたいと夜遅くまで制作作業を行っての撮影でした。選手に負けないくらい頑張ってくれました。

さあ!来週は、いよいよ甲子園です!
東北代表の3チームには、この選抜大会出身選手達がたくさんいます。
中学、高校と成長の記録を沢山撮してきたいと思っています。
0315-2.jpg

2008年3月11日 火曜日 この記事をTwitterでつぶやく

春の選抜高校野球出場の聖光学院は、甲子園に向けて明日いよいよ出発です。
選手達のコンディションはかなり良いようです。
明日に備えた積み込みも新三年生の主力メンバーが率先して準備をします。この辺もこのチームの強みですね。
斎藤監督の指導方針は、いつも勉強させられます。
選手と指導者の信頼関係。汗も涙も一緒に流す姿には感動します。
そんな斎藤監督から、監督の携帯待ち受け画像を頂いてきました。

伊藤課長と石田コーチです。
ishida.jpg この二人1年違いで、東北高校、福島商業の捕手として活躍しました。
話の内容を聞いていてもまさに捕手の視点です。
斎藤監督、横山部長、石田コーチと話して「イトケン」も「伊藤課長」に成長してくれたようです。

080311MN-143.jpg

2008年3月9日 日曜日 この記事をTwitterでつぶやく

昨日から高校野球の対外試合が解禁になりました。
いよいよ、シーズン開幕です。
今日は、いわきで平工業・東海大山形の練習試合です。両校ともにお世話になっておりご挨拶と伊藤課長の撮影練習です。
シーズンを迎えて選手達も気合いが入っています。
良く声が出ています。
動きも良いようです。
オフシーズンの調整はチームそれぞれ異なります。同じ東北でも雪が多い山形と、雪が少ない福島の浜通特に小名浜地区は練習内容がかなり違うでしょう。
でも両チームとも仕上がりはよいようです。
これから練習試合を重ねてゲーム感を取り戻していくのでしょう。
taira2.jpg
両校ともに一冬での成長を感じました。
体も一回り大きくなっています。そして何よりも最上級生である新3年生に貫禄が出てきました。
秋から春にかけて高校生の場合、ほんとうに変化があります。
4月からは地区大会、5月は県大会です。両校ともに甲子園を狙えるチームです。
是非、頑張って欲しいですね。
0308ken2.jpg 昨年から撮り始めた伊藤課長もカメラマンとしても成長してくれました。
流石甲子園球児で、撮影ポイントを分かっています。
ゲームの中での撮影の流れを今日はレクチャーしました。
こちらもバッチリ期待が持てそうです。
0308ken1.jpg 0308miura1.jpg 僕も久しぶりのゲーム撮影でしたが絶好の天気とコンディション、グッドゲームで夢中になって撮影してきました。
ワクワクしてきましたよ!選手の皆さん頑張ってください!

2008年3月4日 火曜日 この記事をTwitterでつぶやく

春の選抜高校野球に東北代表として出場する聖光学院の選抜旗授与式と壮行会が行われました。
昨年の春の選抜、夏の選手権から3季連続出場になります。
選抜大会出場は今回が2度目の出場です。
調整は順調のようです。

春の大会は、北国のチームはハンディがあるのでしょうか?
雪のためにグラウンドが使えない事、寒さ。
普通に考えるとやはり気候に恵まれた県に比べると明らかに練習内容が違うはず。

選抜出場が決まってから、春の大会に標準をあわせた調整はやはり難しいことなのかもしれません。

それでもこのハンディを克服し、逆にこの条件を「利」に変える工夫と調整方法があるはず。
今年の聖光学院は、そんな期待をさせてくれます。
選手達の表情や状態、斎藤監督の言葉、学校や父母会の大会に向けた準備態勢等、昨年の初出場の経験が生かされているようです。
地域の期待感も大きいようです。

今年は本気で白河越えを期待しちゃいます!

今日は、選抜旗授与式と壮行会の撮影と、町の様子を取材してきました。
seiko4.jpg seiko3.jpg ガンバレ!聖光学院!!
甲子園まで後、20日!
seiko1.jpg

2008年2月16日 土曜日 この記事をTwitterでつぶやく

今日は、春の選抜大会出場が決まった聖光学院の練習の取材撮影でした。
大会に標準をあわせて仕上がりも順調のようです。

昨年のキャンプもお邪魔しましたが、今年はちょっと余裕というか落ち着きを感じます。
監督も部長も本番に標準を向けてきっちりとリードしているようです。

天気は良かったのですが気温は上がらず、シャッターを切る指先も悴んでしまいます。

それでも選手達は元気です。
seiko1.jpg seiko2.jpg チーム内の競争もあるのでしょう。一人一人の目が輝いています。
目力って言うんでしょうか、話をしていてもハキハキと自分の考えを誠実にきちんと答えてくれます。
野球だけではない人間教育を感じます。
短い言葉でもついつい引き込まれていきます。

このチーム、甲子園での評判がすごく良いんです。
礼儀正しく、いつも全力疾走です。
3季連続出場の強豪校。
おごれることなく謙虚な姿が実にさわやかで気持ちが良い。
seiko_m.jpgseiko3.jpg 昨年とは違った落ち着いた雰囲気でも、気負いもなく聖光の伝統とチームからは受け継がれています。
きっと甲子園で、また成長するのでしょう。

2008年2月11日 月曜日 この記事をTwitterでつぶやく

今日はいわきグリーンフィールドで開催された東北高等学校ラグビーフットボール新人大会の撮影でした。
僕はラグビーの撮影は初めてでした。
もちろん、ルールは知っています。
どんなシーンを撮影するかのイメージも出来ていました。
しかし、ゲームを生で見るのも初めてだったんです。テレビではよく見ているのですが試合展開やボールの動きをファインダー越しに予測するのは苦戦しました。
この大会は、1月に開かれた東北6県の新人大会を勝ち抜いたチームが1ブロックと2ブロックに分かれて優勝を争います。
1ブロックは、各県の優勝校を中心としたチームでこの東北大会の上位3校が全国大会へと進みます。
今日の僕の撮影は、1ブロックの3位決定戦と決勝戦。
全国大会出場は、優勝した宮城県代表の仙台育英高校と準優勝の青森北高校、3位決定戦で勝利した秋田中央高校に決定しました。

迫力がありました。
すごい!撮影ポイントも沢山あります。
fb-1.jpgfb-2.jpgfb-3.jpg 早朝雪の仙台を出て、ブレスサーモを着込み寒さ対策バッチリで撮影に臨んだものの、見事な快晴と撮影の興奮でジャケットを脱いで撮影に夢中になりました。

高校ラグビーの聖地、「花園」行ってみたくなりました。

イシケンは、前日から泊まり込みです。
彼も自分の撮影ポイントが見つけられたようです。
miura2.jpg ISHIKAWA.jpg 選手の皆さん楽しみにしててくださいね。そして次回はさらに期待してください!

僕らの新しいトライ!です。

2008年2月9日 土曜日 この記事をTwitterでつぶやく

春高バレーが始まりました。

3月の全国大会出場をかけた真剣勝負です。
宮城、福島、山形、岩手、秋田の5県をスポフォトのカメラマンが選手一人一人の頑張る姿を記録に残しました。
カメラマンも頑張りました。
今回撮影に参加したカメラマンは7名。
スポフォトのカメラマンはベテランも、新人も、一生懸命に頑張ります。

さて、その一生懸命とはどんな一生懸命?
僕は、全選手の輝く瞬間を撮影して欲しいという依頼をします。
かっこいい写真?きれいな写真?
スポーツの写真は、1ゲームの中で色々なシーンに出会います。
スパイクを決めるシーン。
レシーブのシーン。
笑っているシーン。
泣いているシーン。
カメラマンが撮影した写真の意味をきちんとメッセージとして伝えられる商品と言うより、作品を意識して撮影していきたいものです。
そして自分たちが撮影した写真を飾る場所はどこか。そこを意識していきたいですね。

誰が撮った写真という写真の価値ではななく。
この写真、誰が撮ったんだろう。どんな人が撮ったんだろう。
カメラマンのメッセージが写真に込められます。
その価値を大切にしていきたいですね。

今回撮影に初めて参加してくれた理恵ちゃんです。
rie.jpg ドラマチックな写真を撮影してくれました。
写真のメッセージがきちんと選手の皆さんに届きますように!

valley2.jpg