スポフォト

2013年1月1日 火曜日 この記事をTwitterでつぶやく

謹んで新年のご祝詞を申し上げます

毎々格別のお引き立て与り厚く御礼申し上げます。
昨年は弊社で聴覚障害者向けの代理電話事業を始めて丸10年の年。
かねてから思い描いていた東京通訳センターを設立することができ、スタッフも増えました。
聴覚障害者就労支援事業として始めたメディア事業部のスポフォトも高校野球から幅をひろげ、サッカー、バレーなどの撮影にも関わらせていただき、軌道に乗ってきた感があります。
多くの方から弊社の代理電話、遠隔通訳、そしてスポフォトの聴覚障害者就労支援事業に関心を示していただき、声をかけていただいたりなど、いろいろな動きの出てきた年であったように思います。
日本財団様から委託されている「遠隔情報・コミュニケーション事業」でも、4月から東北3県を回り、6月には全国ろう者大会へPRに出かけ、9月からの延長が決定。利用件数も着実に増えるなど、大きな成果を残しつつあります。
この流れを途切れさせず、日本でいまだに整備されていない電話リレーサービスの制度を形とするため、今年もさらに邁進していく所存です。
また、窓口通訳/コールセンターサポート業務でも、より多くの企業や団体の支援をしていくことで、聴覚障害者の社会進出のための力となり、ひいては聴覚障害者就労の支援もさらに拡充できるものと考えております。
当然、そのためにも今行っているスポフォトの事業でも着実に結果を出していくことが大切です。

弊社にとっても、また皆々様にとってもこの一年がより良い年となるよう、スタッフ一丸となって頑張ってまいります。

本年も一年、何卒ご理解、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

株式会社プラスヴォイス
代表取締役社長 三浦宏之
http://www.plusvoice.co.jp/

2013年1月1日東京通訳センターから見た初日の出 2013年1月1日東京通訳センターから見た初日の入り




2011年1月31日 月曜日 この記事をTwitterでつぶやく


今回は、このメディア事業部の中の、メイン事業スポーツフォトライブラリープロジェクト(通称:スポフォト)について

簡単に紹介したいと思います。

【スポーツフォトライブラリープロジェクト(通称:スポフォト)】

子供達のスポーツの大切な記録を生涯にわたって残すお手伝いをいたします。

子供達が大人になった時でもいつでも気軽に閲覧できるように、

また、子供達のスポーツ大会を主催する団体や学校などが開催記録として利用できるように、

インターネット上のフォトライブラリーにしてあります。

スポーツ写真を撮影し、写真を加工し販売しています。

その写真を撮影、加工するスタッフは聴覚障害スタッフもいて、『聴覚障害者の就労支援』として事業部があります。聴覚障害スタッフと聴者スタッフのコミュニケーションをつなぐのが、手話通訳スタッフです。





聴覚に障害がある分、視覚に優れているので、写真の微妙な色補正など行い、よりきれいな画像に仕上げてくれます。

このスポフォトの属するメディア事業部とICT事業部の2つの事業部でプラスヴォイスは成り立っています。

業務の内容だけだと、まるっきり異なる職種に見えますが『聴覚障害』をキーワードでつながっています。

2010年7月10日 土曜日 この記事をTwitterでつぶやく

いよいよ!高校野球選手権大会が開幕しました。

9日福島県大会の開会式が行われました。
開会式では全チームの集合写真撮影が恒例で行われます。
カメラマンの哲平君、制作の松浦君、畠山さんが初参加です。
緊張の開会式と初戦を観戦して刺激を受けたようです。
球児たちに負けないように頑張って欲しいと思っています。

さて、スポフォトのホームページがリニューアルしました。
今まで分かり難かったwebの閲覧ページをカスタマイズしました。
見た目では、あまり変化がないかもしれませんがシステムに手を入れましたので閲覧、購入のプロセスがわかりやすくなったと思います。

関係者の皆さんご意見をお聞かせくださいませ。
球児の最高の一瞬を記録に残すためにカメラマンたちも燃えているようです!
期待してくださいね!
選手も父母会の皆様!頑張ってください!!(中村)