雑感

2013年1月1日 火曜日 この記事をTwitterでつぶやく

謹んで新年のご祝詞を申し上げます

毎々格別のお引き立て与り厚く御礼申し上げます。
昨年は弊社で聴覚障害者向けの代理電話事業を始めて丸10年の年。
かねてから思い描いていた東京通訳センターを設立することができ、スタッフも増えました。
聴覚障害者就労支援事業として始めたメディア事業部のスポフォトも高校野球から幅をひろげ、サッカー、バレーなどの撮影にも関わらせていただき、軌道に乗ってきた感があります。
多くの方から弊社の代理電話、遠隔通訳、そしてスポフォトの聴覚障害者就労支援事業に関心を示していただき、声をかけていただいたりなど、いろいろな動きの出てきた年であったように思います。
日本財団様から委託されている「遠隔情報・コミュニケーション事業」でも、4月から東北3県を回り、6月には全国ろう者大会へPRに出かけ、9月からの延長が決定。利用件数も着実に増えるなど、大きな成果を残しつつあります。
この流れを途切れさせず、日本でいまだに整備されていない電話リレーサービスの制度を形とするため、今年もさらに邁進していく所存です。
また、窓口通訳/コールセンターサポート業務でも、より多くの企業や団体の支援をしていくことで、聴覚障害者の社会進出のための力となり、ひいては聴覚障害者就労の支援もさらに拡充できるものと考えております。
当然、そのためにも今行っているスポフォトの事業でも着実に結果を出していくことが大切です。

弊社にとっても、また皆々様にとってもこの一年がより良い年となるよう、スタッフ一丸となって頑張ってまいります。

本年も一年、何卒ご理解、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

株式会社プラスヴォイス
代表取締役社長 三浦宏之

http://www.plusvoice.co.jp/

2013年1月1日東京通訳センターから見た初日の出 2013年1月1日東京通訳センターから見た初日の入り




2012年12月21日 金曜日 この記事をTwitterでつぶやく

今日は冬至。
一年で一番昼が短く、夜の長い日です。

さて、今年も残すところあと10日となりましたが、みなさん、もう年末年始の予定は立てていますか?
プラスヴォイス代理電話サービスは、365日お休みなく年中無休で朝8時から夜8時まで、みなさまからのご依頼を受け付けております。
ということは・・・今週末からの連休だって、年末年始、大晦日でも、元日でも、正月三が日でも、ご利用が可能なんです。
とっても便利だと思いませんか?
そんな便利な代理電話サービス。利用してみたいと思ったあなたは、プラスヴォイス代理電話サービスのホームページからお申し込み下さい。
http://www.plusvoice.jp/

実は、お正月三が日はあんまり依頼がなくて暇になっちゃうので、少し早めに宣伝でした(笑)。
みなさまからのコールお待ちしております。

2009年2月3日 火曜日 この記事をTwitterでつぶやく

八戸、盛岡出張でした。

盛岡は久しぶりです。
盛岡と言えば「冷麺」いえいえ僕の場合はなんと言っても「じゃじゃ麺」です。
ジャージャー麺はご存じの方も多いとは思いますが、「じゃじゃ麺」とは違います。
湯通ししたうどんの上に、特製の秘伝の味噌とキュウリ・ネギ・ショウガがのった状態で出てきます。
それを混ぜ合わせて食べます。
「どんな味?」と聞かれるとその味をうまく表現できる人はいるのでしょうか?・・・という味なんです。
その元祖が盛岡の「白龍」と言うお店で、今日は元祖じゃじゃ麺と水餃子を食べてきました!

仙台でもこのじゃじゃ麺を食べられるお店が何軒かあって、今の事務所に移転する前は仕事帰りにみんなでよく食べに行っていました。
盛岡出張で「じゃじゃ麺食べてきたよ!」って言うのはちょっとした自慢話になったりしていました。
久しぶりのじゃじゃ麺とチーたんたんを堪能してきました。

先週末仙台でも久しぶりの大雪が降りましたがやはり温暖化なのでしょうかちょっと積もっても翌日の日差しでほとんど溶けてしまいます。
今年は雪が少ないと思いながら高速道路を北上するとやはりどんどん雪が深くなってきます。

八戸では、光星学院のグラウンドに寄ってみましたが一面真っ白目算では20~30cmの雪が積もっています。
これではグラウンドでの練習は不可能です。
スポーツニュースで見るプロ野球のキャンプでは、半袖で練習する姿もあったりします。
この気候の差は、どうしようもないことです。
春はやはり北国のハンディがあるのでしょうか・・・・。
今年も選抜大会ではスポフォトのカメラマンが、東北代表の3校の撮影を担当させていただきます。
なんとか、このハンディを克服して大活躍を期待したいところです。

昨年の春は、沖縄尚学が優勝でした。南の学校は仕上がりも早そうですね。
でも、昨年の選抜大会、東北代表の聖光学院が優勝した沖縄尚学と1-0のすばらしい試合を見せてくれました。
3校ともそれぞれハンディは承知。それでも勝つための工夫と努力をしています。
北国のチームの活躍を期待するとともに、皆さん是非選手達の活躍に注目して下さい!

「じゃじゃ麺」本当においしいですよ!興味のある方はネットで調べてみて下さいね。

2008年2月23日 土曜日 この記事をTwitterでつぶやく

午後からの雨で練習は中止。
夕方から九十九里浜に向かってみました。
近いとは言っても土曜日の夕方です。
日も沈み掛けていました。明るいうちに浜景色が見ることが出来るか・・・微妙なタイミングです。
何しろ実際の距離が24里という九十九里浜の撮影ポイントもわかりません。
ここまで来たのだからとにかく一目見て帰ろう。撮影は諦めていました。
浜と並行して走る県道30号線を南下。
どの道が浜につながっているのかもわからず、当てずっぽうに入れそうな道を左折。
でこぼこ道です。愛車にはかなり厳しい道のり・・・。
途中で諦めそうになりました。
海が見えてきました。今度は砂浜です。
撮影ポイントまで歩くにはちょっと遠い。
サーファー達の車が見えます。
miniの小さいタイヤでこの砂浜を走れるのか・・・・。
ふと、宍戸先生の言葉を思い出しました。
所謂、これが「魔」ですね。

浜が近づくにつれて不思議と不安が無くなってきました。
思い切ってサーファー達の群れに近づいてみました。

僕のイメージした辺り一面が砂浜という景色ではなかったのですが車から降りた瞬間に、上着も着ないで走り出しました。
想像もしなかったイメージは「九十九里浜の夕日」でした。
夢中になってシャッターを切りました。
重なり合う波、時に激しく、時に優しく。
ちょっと走ると、波を後ろから撮影できそうなポイントがありました。
99-2.jpg そして、まさかの九十九里の夕日です。
99-3.jpg 99-5.jpg 荒々しい波が、必死で沈む太陽を追いかけているようです。
まさかこの太平洋で夕日を撮影するとは・・・・・。
このイメージとの出会いは何だったのでしょう。
過去や、思い出や、自分の拘りにしがみついているような自分を感じす。

やがて波も穏やかになり、沈みかける瞬間に太陽がまん丸になりました。
99-6.jpg 99-10.jpg まるで僕に何かを教えてくれているかのような太陽のほほえみです。

朝日を撮ろうと出かけた九十九里浜。
本当に見事な夕日を見せてくれました。まさに「一心が眼にでる」ですね。
99-7.jpg
見事な景色に、心の中の何かがすーっと消えてしまう感動がありました。
写真は凄いですね。
どこにでもある写真でも、自分にとっての感動が作品を作ります。
99-8.jpg 99-9.jpg
貴重な、そして素晴らしい体験でした。
あっという間の感動の15分間です・・・・。

2007年10月30日 火曜日 この記事をTwitterでつぶやく

撮影の仕事で市内の高齢者施設を訪問しました。

写真の話と福祉の話。僕にとっては両方が得意分野。
楽しみな訪問でした。

ここは、宿泊・デイサービス・老人ホーム等を兼ねた充実した施設です。
そして障害者施設が隣接してます。
収容人数も多く、たくさんのスタッフが笑顔で迎えてくれました。
スタッフは総勢100名を超えるとのこと・・・。その中に知的障害者たちが清掃を中心とした仕事をしています。

聴覚以外の障害者の施設を訪問する機会は少なく、2年前にフィンランドの施設を訪問して以来のことでした。
懐かしい感想と同時に、日本でもこの様に福祉の事業がどんどん進み、高齢者社会、障害者の暮らしが改善されていく事を実感することができました。

施設のスタッフの方が印象的な話をしてくれました。
その方は、最近転職された方。それまでは福祉とは無縁の仕事をしていました。
転職後障害者のかたがたと1泊旅行をしたそうです。
「感動した!」っと・・・・。
障害者たちの1泊旅行で、障害者たちに触れ合った事。そして何より、障害者の家族や障害者を取り巻く方々の苦労を知ったとの事です。
「感動」と言う言葉の中に、良い事ばかりではなく、障害者を取り巻く家族等の苦労を知る事ができたとの事です。頑張ろうとする気持ちの強さを感じました。

忙しい日々に、初心を忘れがちになる事も多い最近です。
「頑張る」って大事な事ですよね。

今回の撮影の依頼は、利用者、スタッフの表情を撮影して欲しいとの事でした。
良い表情を撮る為に、頑張ってみましょう!

_D2X4512.jpg _D2X4506.jpg
ヘルシンキの高齢者施設の写真です。部屋のあちこちに絵や写真が飾られています。
ヨーロッパでは、写真は大切に扱われている事を感じました。
_D2X4514.jpg _D2X4530.jpg
老人ホームの一室です。福祉の先進国といわれるフィンランド。
充実した施設と、きれいな部屋でした。

2007年10月11日 木曜日 この記事をTwitterでつぶやく

例年の事ながら忙しい時期に入りました。
スポーツの秋ですね。
おかげ様で、スポフォトも好調です。
僕も制作部門が追いつかず2日間泊まり込みです(>_<)

明日から高校野球の東北大会、そしていよいよサッカーが始まります。
週末から東京と大阪で大事な商談があります。
しばらくは休めそうにありません。

と言っても好きな仕事ができる事は、何よりです。
業務も任せられる人材も育ってきました。
明日の東北大会は石川
東京は中村、大阪は藤生に任せる事にしました。
きっとそれぞれに成果を出してくれるはずです。

人を育だてる事は会社の大事な役割。投資であり、会社の大事な財産となります。
最近、朝礼・終令で「スキル」の話題にしています。
単調な仕事でみんななかなかスキルを意識する事がありません。
どんな仕事にも言える事なのですが、日頃から仕事を学び、専門的な知識と技術を身に付けます。
そしてそれを無意識に使っています。
まだまだ覚える事、工夫、アイディアは無限にあります。
知識と技術を有効に活用する為には、「スキルを意識する」事が大事です。
向上心ですね。
謙虚に学ぶ姿勢が会社全体のスキルアップにつながります。
会社が目指す事、その為に必要な自分の役割。そして協調。
忙しく大変な時だからこそ、みんなの意識を高めてレベルアップが出来るのかもしれません。
仕事を覚えて一人前に育つ、そして人を育てられるようになっていきます。
後輩、部下を育てる事。これもスキルを必要とします。

我が社のスタッフの電話対応はいかがでしょうか?
そばで聞いていてハラハラする場面もありますが、一生懸命に学ぼうとしています。
失礼があるかもしれませんが、是非よろしくご指導くださいませ。。。(^^ゞ

MIURA3.jpg

2007年10月8日 月曜日 この記事をTwitterでつぶやく

300Kくらいの移動は、車を使います。
機材も重いですからね。
でも流石に長距離運転はきついですね。
ステレオも故障中なんです(苦笑)

体育の日が10月10日ではなくなったのは、何時からなんでしょう?
きっと一般常識なんでしょうが・・・・(苦笑)
MCの仕事をしていた頃は、10月10日は祝日の大安で必ず結婚式がありました。
「今日は、1年の中で一番晴れの日の確率が高い日なんです。」なんて話していたものでした。
「10日は、休みじゃないと・・・」等とつぶやいていると、またまた新常識が、小学校は秋休みがあるんですねぇ~(苦笑)
子供たちはしっかりお休みのようです。
ここ数ヶ月休んでないなぁ。
東京出張も日帰りです。(苦笑)

秋田の旅館ではひとりで、ゆっくりさせてもらいましたがこんな休養が精一杯です。
日曜日の国体2日目、聖光学院は惜しくも常葉菊川に敗れてしまいました。
常葉菊川の選手達は大きいですね。
得点ほど実力差は感じなかったのですが、貫録と落ち着きがあります。
負けないムードを持っているチームでした。
お目当ての、広陵 野村投手、常葉菊川の田中投手も見る事が出来満足です。
この大会は、秋田のこまちスタジアムをメイン会場にして、八橋球場と2会場で開催されています。
こまちスタジアムは連日超満員だったようです。
僕は、八橋球場。撮影ポイントも難しいのですが、そんな時はアイディアと工夫ですね。
納得の写真が撮れました。

前日の旅館での休養も良かったのかもしれませんね。
もういい歳だし、体を休めないといけませんね。
D2X_8513.jpg
さて、
最近の高校球児長髪があたりまえになっていますね。
体が大きくて、丸刈りだと強そうに見えますよ。
そうそうサッカーも秋田商が丸刈りなんです。
帽子もかぶっていないし迫力があると言うか独特の雰囲気で、強そうに見えるのは僕だけでしょうか?
昔は、高校球児の長髪なんてタブーでしたからね。
時代の流れを感じます。
まあサッカーに押されぎみだった野球。髪形の影響も多少はあったでしょう。
ぼくも丸刈りは嫌だったし・・・・。
野球ブームの為にも良としましょう。

さあ、今週はさらに忙しいんです。。。(>_<)
まぁやるしかないですね。
頑張りますよぉ。

と言って、今日も徹夜明けです。。。(苦笑)

2007年9月11日 火曜日 この記事をTwitterでつぶやく

先日の休みに、小学校1年生になる息子とキャッチボールをしました。
土日はほとんど撮影が有り、休日に遊んであげる事が出来ません。
出勤前のわずかな時間を利用してのキャッチボールです。

他の子供と比べて体も小さく、まだまだまともなキャッチボールは無理です。
僕は、ワンバウンドのボールを投げます。
必死に取り投げ返します。
僕が格好良くボールをさばいて見せるとマネをします。
技術を学ぶのもモノマネから始まりますね。

さて、私たちも仕事の中でいつもコミュニケーションのキャッチボールをしています。
キャッチボールの基本は、相手が受けやすいところ(胸元)に投げる事です。
分かってはいるのですが、なかなか難しいですね。
日々、練習や訓練が必要な事です。
どうも高校時代からノーコンピッチャーだった僕にはこれがなかなか難しい事。。。。
そうすると相手もマネするんですかねぇ~。
受け難いボールを投げてきます。(笑)
アイコンタクトじゃないですけど、「いわなくても分かってよ!」って思ってしまったりします。

冗談はさておき、野球の中継プレーはどうでしょう。
ホームに向かう走者をアウトにする為に、外野手は全力投球です。
イチローのようなレーザービームもあるのでしょうが、チームスポーツです。
得点を与えないという共通の目的の為に、外野手、中堅の内野手、そして捕手の連携が必要です。
中継するかどうかも、即時のお互いの判断力が重要です。
他の野手の指示も重要です。

相手が取りやすいボールを投げる事。
相手が分かりやすいコミュニケーションをする事。
共通の目的を達成する為には大切な事ですね。

ノーコンの僕のボール。少々の悪球でも頑張って取って中継してくれる仲間達に感謝です。(苦笑)

親の背中を見て真似る子供達。
社長の背中を見て学ぶ社員達。

どっちにしても頑張んなきゃ・・・・。
_D2X9976.jpg

2007年8月29日 水曜日 この記事をTwitterでつぶやく

今週は、みんな良い仕事をしてくれています。
予定通り計画通り作業が進んでいます。
特に、個々の仕事に対する意識と姿勢の違いを感じます!

なんかしてあげないと・・・って思っていたところに
カメラマン松橋の誘惑。。。。

「社長!今日、岩隈とダルビッシュなんですけど・・・」って

その瞬間に僕の顔を睨みつける石川・・・・(笑)
「何?何って・・」興味津々の中村
聞いた瞬間に仕事の手を止めてシャドーピッチングを始める康平・・・

「分かったよぉ!お晩ですチケットね」と言うことでstepwagonでフルスタへ・・・。
1.jpg
僕は留守番です。。。

ただで行かせるわけには行かないと言う事で、写真の練習を依頼。
へたくそぉ~~~って
こんな感じです↓
all.jpg
いけなかったメンバー今度は僕が連れていくぜぇ!
って、楽天負けちゃったみたい。。。

いつも頑張ってくれて!ありがとう・・・・って。
2.jpg

2007年7月19日 木曜日 この記事をTwitterでつぶやく

「やさしさにかわるまで・・・」
今回の高校野球のテーマ曲です。
シンガーソングライターの西浦達雄さんのミニライブが甲子園球場の前の野外特設会場で行われていました。

父が子供達に送る曲です。
西浦さんは甲子園のカリスマと言われ今まで十数年、甲子園のテーマ曲を歌ってきました。
こんなところであえるとは・・・感激でした。
生で聞くといいですねぇ~、感動しました。

今回の甲子園。
康平を連れてくるのが一つの目標であり、夢でした。
初戦は、石川、熊田
2回戦は、土樋、松橋、康平
3回戦は、康平と二人での撮影でした。
(4人とも難しい撮影条件の中頑張ってくれました。)

2年前の夏、高校野球宮城県大会の愛島球場で初めて出会った聴覚障害者ピッチャー渡部康平。
誰もが想像もしなかった大活躍で第一シード校をやぶり、大活躍でベスト16に。
kouhei.JPG 僕が高校野球を撮り始めたのがその夏から・・・それ以来、彼との付き合いが始まりました。
「サイレントK」と称され新聞、マスコミにも取り上げられ楽天のプロテストも受験。
今も夢を諦めずにトレーニングを続けています。

今は、プラスヴォイスで制作のチーフとカメラマンを兼務して頑張ってくれています。
そしてこの野球小僧は、
この秋に開かれる聴覚障害者の野球大会の全国大会、そして世界大会出場を目指して頑張っています。

康平は、子供の時から親父さんと二人でハンディキャップを跳ね返し、甲子園を目指してきました。

男手一つで、康平と妹さんを育ててきた親父さんは、僕も尊敬しています。

僕が悩んでいると、お父さんが励ましにきてくれます。
きっと康平がなんか言ってるんでしょうね(苦笑)

日頃の恩返しもあり、康平を甲子園に連れて行きました。

今まで憧れてきた甲子園を肌で感じる事が出来たようです。
とにかく、暑かったったね。
念願の「かちわり」も・・・
kachiwari.jpg 仕事だけではなく、甲子園を満喫できたようです。

アルプススタンドで、応援するお父さん、お母さんの姿を見てうらやましくなりました。
選手たちは最高の親孝行者達・・・ですね。

そして頑張る康平も親孝行です。
CDはお父さんへのプレゼント。
kouhei2.jpgyasasi.jpg そんな康平・・・飛行機は苦手なようです(爆笑)

11時間かけて車で行った甲子園。帰りは飛行機で1時間です。
天気もよく外を眺めていると、聖光学院のグランドを見つける事が出来ました。
あらためて選手達には本当に感謝です。ありがとう。

帰りは、アクセス鉄道で仙台まで戻りました。
32M_3904.jpg32M_3907.jpg 凄いにもつでしょ?
これでも半分宅配便で送ったんですよ。
5日ぶりの仙台です。ホッ
おつかれさん!

明日からは、中学校の全国大会です!
頑張ろうぜ!みんな!

石川が一足先に今日、開催地の秋田に入りました。
土樋、中村、松橋が担当。みんながんばれよぉ!

ここでも沢山の親孝行が見れそうですね。

2007年6月21日 木曜日 この記事をTwitterでつぶやく

我社のオールラウンドプレーヤー「おぬきん」の誕生日でした。
と言っても今日では無いのですが、お祝いをして写真を撮って・・・・・
「社長!いつ載せてくれるんですか?!」って (^^ゞごめん・・

さて、彼女の役どころを紹介しましょう。
現在は就職活動中の大学生。(もちろん来春からは正式入社と、社長は思い込んでいますが・・・。)
手話の技術は抜群でテレビ電話の通訳スタッフです。
しかし所属は、メディア事業部に席をおきます。つまり就労支援事業の通訳兼スタッフも兼ねています。
さらに・・・プラスヴォイスは仙台市の委託事業を受けており、仙台市科学館でのショーの司会・演者も務めています。
3役?4役?何でもこなすバイタリティあふれる元気な子です。
彼女にとっても今年は正念場。
手話通訳士の試験。
大学卒業。
就職。
頑張っていますよ!がんばれ!

2007年5月17日 木曜日 この記事をTwitterでつぶやく

歳を重ねると、誕生日もあまり嬉しくないですね。
あ~~~あ・・・・
44歳の誕生日を迎えてしまいました。
35歳で起業してもう9年になるんですね~。
35歳で法人化。40歳で株式会社に、45歳で上場するぞ!などと息まいていました。
なかなか厳しいものです。
企業は生き物ですね。
人の出入りも、会社に関わる人たちの関係も・・・・。
でも、今の会社を支えてくれる人たち、そしてお客様に感謝し、頑張り続ける事が僕の役割ですね。
誕生日も照れ臭い歳になってきましたが、仲間達はお祝いをしてくれました。
感謝です!

皆さんにとって誕生日ってどんなものですか?
僕にとっては大変重要なキーワードなんです。
2001年に、総務省のユニバーサルアクセシビリティ賞という大変名誉な賞を頂きました。
内容は、聴覚障害者の情報バリアを解消する為の活動に対する表彰です。
この写真がその時の写真です。
pct_0105.jpg 大変ありがたい事に、これまでに色々な賞を頂きました。
起業家として頂いた初めての賞がこの「ユニバーサルアクセシビリティ賞」
受賞日が、誕生日の5月17日なんです。
それから、プラスヴォイスとしての取組が自分の使命・役割としての自覚に変わってきました。
初心を曲げる事なく、なんとか今日まで頑張ってくる事が出来ました。
来年もさらに飛躍して、恥ずかしながらも誕生日を迎える事が出来ますように・・・・。
頑張ります!

2007年4月27日 金曜日 この記事をTwitterでつぶやく

26日と27日の2日間で引越です。
プラスヴォイスとしては、4回目の引越になります。
いまから10年前にスタートしたプラスヴォイス。
初めは、6畳のワンルームマンションの一室でした。
聴覚障害者の情報バリアの解消を事業化しスタートしました。
平成10年8月に法人登記し26坪の店舗を仙台市宮城野区東仙台にオープン。
その後、アエル内の仙台市起業育成室で3年間、2年前から第一日本オフィスビル様にお世話になりました。
オフィスビルでも起業家育成プランという施策を活用させて頂きました。
そして今回がいよいよ自立・・・・。
短い2年間でしたが、立地条件もビル環境も非常に良く素晴らしい環境の中で仕事をさせて頂きました。
なごりおしいところではありますが新しいスタートに向けて気分一新、今度はデザイナーズルームです。
新しい大家さんは、仙台協立ビル様。
入居にあたって私たちの意見を取り入れてオフィスを改装して頂きました。

2日間の引越は、26日は段ボール類、27日はオフィス家具と回線の移動です。
遠隔通訳事業があるために、営業時間の20時を過ぎてから回線切り替えと、ブース移動。
スタッフも明け方まで頑張ってくれました。
今までは、26坪と20坪の2部屋。今度は50坪です。
アクセスが課題だったので、これからはさらに快適に仕事が出来るはずです。たのしみ・・・(^.^)

2007年4月20日 金曜日 この記事をTwitterでつぶやく

スタッフのwatabeの誕生会だったようです。
最近はすっかり誕生会にはまぜてもらえなくなりました。
これって「いじめ」「逆パワハラ」と思ってしまいます。(笑)
みんなに聞いてみると、社長を交ぜるとプレゼントが減るから・・・って(^^ゞ
なるほど・・・というか・・・(笑)
まあ、みんなが楽しく仕事をしてくれるのが一番嬉しい事ですから我慢しましょう。
watabeは、プロの手話通訳者。そして写ネットのデザインと制作を担当しています。
スタッフのまとめ役で信頼もり、人気者です。と言う事でたくさんプレゼントも集まったらしい。

僕も誕生日の為に、しばらく雷を落とすのをやめよう・・・(苦笑)
imgd8cd5e36zik3zj.jpeg

2007年4月6日 金曜日 この記事をTwitterでつぶやく

どうやらスタッフの誕生日だったようです。
僕がいない間に、スタッフで恒例の誕生会をやっていたようです。
全スタッフの誕生日は把握しているのですが不覚にも新入社員(>_<)
おまけに誕生日ケーキはみんなで食べるのが恒例なのですが、肝っ玉ルーキーはちゃっかり持って帰ってしまいました。
奥さんと食べるのでしょう(^^ゞ
会社に戻ってみると、報告の写真がメールで届いていました。(苦笑)
img58d86deczikczj.jpeg 新人も会社に溶け込み、良いムードで新年度がスタートしているようで一安心です。
(^.^)

2007年1月10日 水曜日 この記事をTwitterでつぶやく

午前中から約4時間。面接のお手伝いをしました。
ハローワークからの委託事業でパソコンを学び個人のスキルアップをはかり再就職を目指すという施策。
23名の32歳までの方々とお話をした。

最近はパソコンが出来るのがあたりまえ。
今までの仕事や生活環境がパソコンとは全く無縁で、パソコンが出来ない事がハンディキャップになっている。ある程度のパソコンスキルを身に付ける為に学び自分の将来を切り開こうと言う方々だった。
「今まで勤めていた会社の退職理由は?」
「どんな職種を考えていますか?」
ごくごくあたりまえの質問をする。
想像通りの答えが返ってくる。

ちょっと変わった質問をすると、その方を知るヒントが現れる。
面接って真剣勝負ですよね。雇主も面接を受ける方も・・・・。

パソコンが使えない事がハンディだとするとそれを克服する方法は沢山ある。
でも克服できないハンディキャップもある。

例えば聴覚障害者は、「電話を受ける事が出来ない」就職を目指す聴覚障害者の方々から聞く悩み。

パソコンが出来ないから仕事がない、電話を受けられないから仕事がない。
確かにそうかも知れない。

でも、そのハンディをうめてしまうような個々の魅力はあるはず。
そこから探してみても良いかも。

当たり前の自己PRではない、自分の特徴、得意を見極めてそれを武器にする努力。
「パソコンは出来ますか?」これは案外、重要なポイントでは無いかも知れませんよ。

雇主も真剣。面接の時には、その魅力を探しているのかもしれません。

2006年12月29日 金曜日 この記事をTwitterでつぶやく

あっという間の2006年でした。
わが社の年末は毎年の事ながら通常の年末の習慣がありません。
手話サポートauショップも代理電話サービスも年中無休でサービス提供しています。
ということで、当然の事ながら大掃除はありませんでした。
しかし、何年ぶりでしょうか?大掃除らしい大掃除をしています。
社長業8年目、4年前できた社長室。
今年は本当に慌ただしい1年でおかげ様でスタッフも増え事務所も手狭になってしまいその影響が社長室におよんでしまいました。苦笑
ということもあり、社長室が無くなり、
堅物の部長と、うるさい経理担当者と「役員室」と言う形での同居生活が始まりました。
学生時代の居候を思い出す気分です。
ということで、例年にない私の大掃除は、居候生活の始まりなわけです。

以前よりもスタッフとの距離感も縮みある意味で初心の気持ちを思い出して新鮮な気持ちで新年を迎えられそうな感じです。

ふぅ~さみしいやら・・・。