ICT事業部

2012年11月6日  この記事をTwitterでつぶやく

先日の『手書き電話』に続き、遠隔手話通訳(窓口通訳)のプロモーション映像を作成いたしました。



内容は、先日端末の入れ替えを行いました、JR九州、博多駅の福岡観光案内所(博多駅総合案内所)のデモンストレーション映像です。
博多駅のこの観光案内所では、英語、中国語、韓国語に加え、聴覚障害者向けの遠隔手話・文字通訳サービスを提供していますが、その部分を弊社が請け負っています。
タブレット端末を使った遠隔情報保障では、手話通訳だけではなく、文字通訳・・・文字による情報保障も行えるというところが利点となります。
(ただ申し訳ないことに、動画は手話の部分のみ動きを追ったものとなっております。すみません。)
観光案内所のスタッフの方も手話を勉強してくれていますし、また話し方など、とても通訳がしやすいように話していただいています。
博多駅を訪れる方には、ぜひ体験していただきたいサービスです。
よろしくお願い致します。

JR博多駅観光案内所での手話・文字通訳サービスのお知らせ画像1 JR博多駅観光案内所での手話・文字通訳サービスのお知らせ画像2 JR博多駅観光案内所での手話・文字通訳サービスのお知らせ画像3

コメントは受け付けていません。