ICT事業部

2012年10月13日  この記事をTwitterでつぶやく

ブログでの案内が遅くなってしまいました。

JR九州様との契約が決まり、博多駅の福岡市観光案内所(博多駅総合案内所)に遠隔手話・文字サービスが導入されました。
実は、ここには以前、フレッツフォンによる手話での案内サービスが提供されていましたが、しばらく利用されていませんでした。
この度、弊社とJR九州様とで契約を取り交わし10月11日からサービスを開始いたしました。

遠隔通訳端末が設置された福岡市観光案内所(博多駅総合案内所)

この窓口に遠隔通訳端末(iPad)が設置され、テレビ電話による手話と文字の通訳を行います。
通訳は、仙台と東京のプラスヴォイス遠隔通訳センターで行います。

福岡市観光案内所・このように遠隔通訳端末により手話で対応いたします 以前のフレッツフォンと変わり、今回の端末では文字による情報保障も行えます 福岡市観光案内所・手話通話サービスの看板とスタッフの方の笑顔が目印です

窓口への設置は今後さらに拡大していきたいと思いますが、やはり利用のニーズを作っていかなければなりません。
よりクオリティの高いサービスの提供を目指して努力していきます。
みなさんのご支援とご協力をお願いいたします。

是非、このサービスの導入を九州地区のご友人等にご周知下さい。
よろしくお願いいたします。

コメントは受け付けていません。